中学生から「健康的な生活リズム」を身につけよう!!「健康長寿のまち・北区」次世代ヘルスケア事業(12月5日)について

2018.11.21

TAG:

メディア掲載プレスリリース

北区役所及び京都産業大学では、区内の中学生を対象に、「食と健康」をテーマに健康的な生活リズムについて考える「次世代ヘルスケア事業」を下記のとおり実施します。
この事業は、一生の中でも身体の成長が大きくみられる大切な時期である中学生に食生活の大切さを学んでいただくとともに、その保護者の皆さんにもお子様と一緒に「食の大切さ」について考えていただく機会としております。

※北区役所は「健康長寿のまち・北区」の推進をするため、京都産業大学と「健康長寿のまち・北区」の推進に関する連携協定を結んでいます。

リリース日:2018-11-21

「健康長寿のまち・北区」次世代ヘルスケア事業

開催日時 2018年12月5日(水)13:15~15:05
場所 京都市立衣笠中学校体育館(京都市北区衣笠衣笠山町2)
内容 (1)講話「中学生の食生活のポイントについて」
講師:京都産業大学現代社会学部 吉岡 美子 教授
(2)ワークショップ(体験学習)
(進行:京都産業大学現代社会学部健康スポーツ社会学科学生)
  • 食育SATシステム体験
  • 料理カードを活用して朝食献立作成
(3)パネル展示
  • 健康について(運動・休養・生活リズム)
  • バランスの良い食事
(4)模型展示
  • 骨粗しょう症模型
  • 体脂肪模型
(5)体組成測定(希望者)
対象者 京都市立衣笠中学校1年生のみ(166名)
※本事業には、一般の方は御参加できません。
※食育SATシステム(体験型食事教育システム)
実物大のフードモデルをセンサーボックスに乗せると、その食品のエネルギーや栄養素量を計算し、モニター画面上で確認することが出来る。自分に合った食事量や食べ方について考えることが出来る。

お問い合わせ先
京都産業大学 社会連携センター
Tel.075-705-2952/075-705-1778
Fax.075-705-1960

受付時間
月~金曜日:8:45~16:45
土曜日:8:45~12:00
日曜日・祝日:休業につき取扱いいたしません。
※2016年10月1日、連携推進室およびリエゾンオフィスは「社会連携センター」に組織変更となりました。
shakai-renkei@star.kyoto-su.ac.jp
PAGE TOP