自転車競技部 「ツール・ド・北海道」学生日本代表決定

2017.06.13

TAG:

ニューススポーツ

2017年6月10日(土)11日(日)、岩手県紫波町にて、「第33回全日本学生選手権個人ロードレース大会」が開催され、本学 自転車競技部 中井 唯晶さん(経営・3年次)が個人ロードレースで準優勝しました。

また、今回の結果を受けて9月8日(金)~10日(日)に行われる「ツール・ド・北海道2017」に学生日本代表チームとして、本学の自転車競技部が出場することになりました。

中井 唯晶さんのコメント

まず、ツール・ド・北海道の出場権が獲得できてホッとしています。
しかし、今回の大会は優勝を狙っていたので、個人の成績としてはとても悔しいです。来週の「全日本選手権自転車競技大会」では、必ず優勝したいと思っています。
まだまだ、重要な大会があるので、更に強くなれるように練習していきたいです。

ツール・ド・北海道

1987年に日本最初の自転車ステージレースとして開催されました。現在、国際自転車競技連合(UCI)の公認大会として承認され海外からも多数のチームが参加している国内有数のレースです。 学生日本代表には、下記3大会の成績により4チームが選抜されます。

  • 前年度の全日本大学対抗選手権自転車競技大会(インカレ)(8月)
  • 全日本学生選手権チーム・ロード・タイムトライアル大会(6月)
  • 全日本学生選手権個人ロードレース大会(6月)
表彰式(後列左端:中井 唯晶さん/前列右から2番目:曽我部 厚誠さん(法・2年次))
【写真提供:体育会 自転車競技部】
PAGE TOP