日本最高の古典を学ぶ生涯学習講座
「『日本書紀』区分論と記事の虚実(付録:復元音で読む記紀万葉)」開講

2016.04.15

TAG:

メディア掲載公開講座むすびわざ館プレスリリース
京都産業大学では、大学の教育・研究活動を広く社会に還元することを目的として、本学教員の幅広い専門教育・研究分野の多様な視点から解説する「生涯学習 むすびわざ講座 教養コース」を5月14日・ 28日に開講いたします。

京都産業大学では、地域社会の教養・文化の高揚に寄与するため、研究成果を公開する「生涯学習 むすびわざ講座」を開講しています。1つのテーマについて全4回で深く学べる「教養コース」として、5月14日(土)・28日(土)に本学外国語学部 教授 森 博達が講師となる連続講座「『日本書紀』区分論と記事の虚実(付録:復元音で読む記紀万葉)」を開講いたします。
大学教員による最新の研究内容に触れられる機会です。


リリース日:2016-04-15

講師 外国語学部 教授 森 博達(ひろみち)
テーマ 『日本書紀』区分論と記事の虚実(付録:復元音で読む記紀万葉)
受講料 2,000円 
※本講座は全4回の連続した講座です。
※欠席等による、受講料の返金はいたしかねますのであらかじめご了承下さい。
日時 2016年5月14日(土) ・ 5月28日(土)13:00~16:15 (開場:12:30)
場所 京都産業大学 むすびわざ館
(京都市下京区中堂寺命婦町1‐10)
申込 事前申込制
※定員 50名
申込締切日 2016年4月21日(木)必着
申込締切後に、本学から受講の可否についてご案内いたします。
お問い合わせ先
京都産業大学 社会連携センター
Tel.075-705-2952/075-705-1778
Fax.075-705-1960
【受付時間】
8:45~16:45(月曜日~金曜日)
8:45~12:00(土曜日)
※2016年10月1日、連携推進室およびリエゾンオフィスは「社会連携センター」に組織変更となりました。
shakai-renkei@star.kyoto-su.ac.jp
PAGE TOP