日本・国際経済について調べる

国際社会における日本経済に関して調べることになった。経済学に基づいて、どの様に日本経済や国際経済を分析するのか知りたい。また、自分で分析するためにはどの様なデータがあるのかわからない。そこで、図書館で、どの様な資料があるか探してみましょう。

キーワード

次のようなキーワードで検索してみましょう。事典を引きキーワードを増やしましょう。
ミクロ経済学/マクロ経済学/日本経済論/完全競争/一般均衡分析/パレート効率性/公共経済学/厚生経済学第1基本定理/厚生経済学第2基本定理/独占/不完全競争/独占的競争/寡占/複占/産業組織論/外部性(外部経済と外部不経済)/環境経済/国際経済学/景気循環論/経済体制論/経済成長論

調べ方の基本

本学図書館が所蔵する資料を探すには、蔵書検索KSU-Catを使います。

  • KSU-Cat…本学図書館が受け入れたほぼすべての資料(図書・雑誌・新聞・視聴覚資料)をWebで検索。
    →詳細は、調べ方の基本「KSU-Catで図書館資料を探す」を参照

参考図書を活用しましょう。

  • 事典や辞典、ハンドブックなどの参考図書は、参考図書コーナーにあります。
  • 参考図書コーナー(2階)百科事典・人文科学系の参考図書・語学小辞典
  • 参考図書コーナー(3階)社会・自然科学系の参考図書・語学小辞典
  • Web上で読むことのできる参考図書もあります。

JapanKnowledge Lib

百科事典や辞書を一括検索。『会社四季報』の検索もできる。

ブリタニカ・オンライン・ジャパン

『ブリタニカ国際大百科事典』、『ブリタニカ国際年鑑』を検索することができます。

GVRL : Gale Virtual Reference Library (英語)

Galeグループが発行する参考図書群を検索することができます。

Blackwell Reference Online(英語)

Blackwell社刊行の人文・社会関係のレファレンスコレクション。調べものをする際の事典や、初学者用のハンドブック、教科書が含まれている。本学では「Business and Management」、「Economics」、「Geography」、「Psychology」の分野を提供。

例えば、JapanKnowledge Libで次のような検索ができます。
トップページの基本検索で「完全競争」を検索する。
→ 事典レベルで「完全競争」と関連する用語として「独占」「独占的競争」「寡占」に関する記述を確認できる。更に「独占」で検索を行うと、マルチメディア資料として独占均衡、独占的競争均衡の図表を確認することができる。
(注意)
「(英語)」と記されている百科事典やWebサイトについては、英語で検索することが基本となります。例えば、「完全競争」の場合は、英語である「perfectly competitive」を検索キーワードに指定します。

参考図書コーナーから

資料情報(書誌情報) 請求記号・資料ID 配置場所
岩波現代経済学事典
伊東光晴[編]. 岩波書店. 2004.
330.33||ITO
01060873
3階
参考図書コーナー
経済学の基本的用語、経済学史、経済史、ミクロ経済学・マクロ経済学、経済政策、国際経済学など幅広い領域の用語を収録し、用語によって図表を用いて説明している。また出典文献・関連する経済学学術論文も参考として示している。
日本経済史年表
矢部洋三 [ほか] [編著]. 日本経済評論社, 2008.
332.106||YAB
01141347
3階
参考図書コーナー
日本経済の歴史を、戦前日本経済、戦後日本経済の復興、高度成長期、日本経済の構造調整、バブル期、バブル崩壊、小泉政権に分類し、図表を用いて丁寧に解説している。また、それぞれの時期で、解説、年表、用語解説、統計の項目で解説している。
マクロ・ミクロ経済学辞典 : TEXTを理解するための
佐藤順一, 嶋村絋輝, 長谷川啓之[編集]. 富士書房. 1995.
330.3||SAT
00754797
3階
参考図書コーナー
マクロ経済学、ミクロ経済学関連の用語辞典。大学のテキスト等で使用頻度の高い用語について図表を用いて解説している。
計量経済学ハンドブック
蓑谷千凰彦, 縄田和満, 和合肇[編集]. 朝倉書店, 2007
331.19||MIN
01158347
3階
参考図書コーナー
計量経済学により経済現象の数量的把握・分析が可能になり経済学の実証分析に欠かすことのできない分析手法です。本書の第I部は線形代数や確率統計の数理的解説を施す基礎編,第II部は変量間の関係を探る回帰分析編,第III部は時間経過による変量の動態を探る時系列分析編,第IV部はベイズ統計や空間統計などの新しい手法を応用したトピックス編です。産業連関分析も含んでいます。

図書

図書館の本は、分類番号順に書架に並んでいます。書架に行って探してみましょう。
331 経済学・経済思想 331 ミクロ経済学 331 マクロ経済学
331.74 厚生経済学(ケンブリッジ学派含む) 332.107 経済史・事情.経済体制(昭和時代後期) 333 経済政策・国際経済
333.6 国際経済 335.3 企業構造.産業組織.企業形態 337.9 景気変動
338.9 国際金融 341 財政学・財政思想 519 公害・環境工学

 

<図書館で所蔵している図書の例>

国際社会における日本経済を調べるには、まず日本経済がどの様な経緯を辿ったのか日本経済史のような歴史的観点から状況を把握することが必要です。

資料情報(書誌情報) 請求記号・資料ID 配置場所
日本経済の歴史 : 列島経済史入門
中西聡[編]. 名古屋大学出版会, 2013.
332.1||NAK
01252784
3階
概説日本経済史 : 近現代
三和良一[著]. 第3版. 東京大学出版会, 2012
332.106||MIW
01221778
3階


次に、日本国内における家計や企業などの市場における経済活動について分析する方法を知るためにミクロ経済学を、一国全体や国家間の国民所得決定について分析する方法を知るためにマクロ経済学を知ることが必要になります。ミクロ経済学における市場均衡理論が前提としている完全競争市場において、その市場の均衡状態における資源配分はパレート効率性であることを理解できれば、不完全競争市場やその様な市場を形成する産業組織について視野を広げてみましょう。また、マクロ経済学の理解が深まれば、国家間の経済・貿易などの活動について視野を広げ、最終的に一国の景気循環や経済成長について視野を広げて調べてみましょう。

資料情報(書誌情報) 請求記号・資料ID 配置場所
ミクロ経済学
西村和雄[著].  第3版. 岩波書店, 2011. (現代経済学入門)
331||NIS
01201715
3階
経済学ベーシックゼミナール
西村和雄, 八木尚志[著]. 実務教育出版, 2008
331||NIS
01265439
3階
スティグリッツミクロ経済学
ジョセフ・E・スティグリッツ, カール・E・ウォルシュ著 ; 藪下史郎 [ほか] 訳. 第4版. 東洋経済新報社, 2013
331||STI
01251343
3階
経済学部の学びコーナー
スティグリッツマクロ経済学
ジョセフ・E. スティグリッツ, カール・E. ウォルシュ著 ; 薮下史郎, 秋山太郎, 蟻川靖浩[ほか]訳. 第3版. 東洋経済新報社, 2007
331||STI
01138073
3階
経済学部の学びコーナー
マンキューマクロ経済学
N・グレゴリー・マンキュー[著] ; 足立英之 [ほか] [訳] ; 1 入門篇, 2 応用篇. 第3版. 東洋経済新報社, 2011
331||MAN||1
01202883 他
3階
上級マクロ経済学
デビッド・ローマー[著] ; 堀雅博, 岩成博夫, 南條隆[訳]. 日本評論社, 2010.
331||ROM
01185700
3階
計量経済学
山本拓[著]. 新世社, 1995. (新経済学ライブラリ ; 12).
331.19||YAM
00748029
3階
最新日本経済入門
小峰隆夫, 村田啓子[著]. 第4版. 日本評論社, 2012
332.107||KOM
01232753
3階
コア・テキスト公共経済学
板谷淳一, 佐野博之共[著]. 新世社, 2013. (ライブラリ経済学コア・テキスト&最先端 ; 14).
341||ITA
01250085
3階
ピグー富と厚生
Arthur Cecil Pigou [著] ; 本郷亮[訳]. 名古屋大学出版会, 2012
331.74||PIG
01240067
3階
価値と資本 : 経済理論の若干の基本原理に関する研究
J.R.ヒックス[著] ; 安井琢磨, 熊谷尚夫[訳] ; 上, 下. 岩波書店, 1995.(岩波文庫)
331.74||HIC||1
00738810 他
2階
文庫コーナー
厚生および公共経済学
ポール・A・サミュエルソン[著] ; 酒井泰弘 [ほか][訳]. 勁草書房, 1991.
331.74||SAM||7
00622395
3階
社会的選択と個人的評価
ケネス・J.アロー[著] ; 長名寛明[訳]. 第3版. 勁草書房, 2013.
331.74||ARR
01251256
3階
競争の戦略と政策
柳川隆, 川濵昇[編]. -有斐閣, 2006
331.845||YAN
01258728
3階
環境経済学をつかむ
栗山浩一, 馬奈木俊介[著]. 第2版. 有斐閣, 2012
519||KUR
01234992
3階
コア・テキスト国際経済学
大川昌幸[著]. 新世社, 2007. (ライブラリ経済学コア・テキスト&最先端 ; 11).
333.6||OOK
01131023
3階
国際経済学を学ぶ
石黒馨[著]. ミネルヴァ書房, 2012.
333.6||ISI
01241327
3階
動学マクロ経済学 : 「成長理論の発展」 = Dynamic macroeconomic theory
二神孝一[著]. 日本評論社, 2012
331||HUT
01233550
3階
成長理論
ロバート・M.ソロー [著] ; 福岡正夫[訳]. 第2版. 岩波書店, 2000.
331.9||SOL
00948313
3階
景気循環論
Hicks,John Richard[著], 古谷 弘[訳]. 岩波書店, 1964
337.9||H
00045343
3階
経済発展の理論 : 企業者利潤・資本・信用・利子および景気の回転に関する一研究
シュムペーター [著] ; 塩野谷祐一, 中山伊知郎, 東畑精一[訳] ; 上, 下. 岩波書店, 1977.(岩波文庫)
331.72||SCH||1
01060838 他
3階
経営学部の学びのコーナー


この様に、国際社会における日本経済に関して調べていくには、日本経済内部をミクロ経済学の観点から、さらに視野を広げ、マクロ経済学の観点、そして国家間の経済活動の観点に視野を広げていくことが必要になります。

雑誌

雑誌記事を探すには、各種、雑誌記事索引データベースを使います。
→詳細は、調べ方の基本「雑誌記事・論文を探す」を参照

CiNii (サイニイ) Articles

日本の論文を探すことができる。一部は本文へのリンクあり。

J-STAGE

国内で刊行された学術雑誌、約2,000誌(2016年10月25日確認時点)の論文全文が閲覧できる。

国立国会図書館サーチ

アクセスはデータベース > 右側メニューから
雑誌記事に限定して検索することができる。

MAGAZINE PLUS

一般誌、専門誌、年報類・論文集などの記事を探すことができる。

EBSCOhost

人文・社会・理工などの分野の雑誌記事を検索し、本文を閲覧できる。

Scopus

科学・技術・医学・社会科学・人文科学分野の雑誌記事の抄録・引用文献を探す。

JSTOR

  • アクセスは学内からの場合は直接JSTORのサイトへ、学外の場合はSSLVPN装置にcc環境のアカウントでログインしてから「JSTOR」を選択してください
学術雑誌のバックナンバーのアーカイブ。
例えば、EBSCOhostで次のような雑誌記事を検索できます。
トップ画面で「ビジネス/経済のデータベース」にチェックを入れ、「続行」ボタンを選択する。次に「詳細検索」を選択し、検索モードを「入力した語順どおりに検索」を指定し、フィールドの選択を「TI Title」を選択する。「”the Theory of Economic Growth”」(経済成長理論)を検索キーワードに指定して検索する。この時、より検索キーワードに一致した結果を得るため、検索キーワードをダブルコーテーションで囲む。この結果、記事タイトルに「the Theory of Economic Growth」を含む文献情報を得られる。

<特定の雑誌の目次から、記事を探す>

国際社会における日本経済について調べるための方法の理解が深まれば、次にどの様に経済活動や経済現象を分析するのかを知る必要があります。次に紹介している雑誌は、先端研究における経済理論から従来の経済理論までを用いて、様々な経済活動や経済現象を分析した研究成果を発表している雑誌です。経済学理論でどの様に分析したら良いのか参考にしてみてください。
 

資料情報(書誌情報) 請求記号 配置場所
季刊経済理論 (ISSN 18825184)
経済理論学会. 2004- 継続中(季刊)
330KED 2階
雑誌コーナー
経済研究= Economic review (ISSN 00229733)
一橋大学経済研究所. 1964- 継続中(季刊)
330KBD 2階
雑誌コーナー
経済分析 (ISSN 04534727)
経済企画庁経済研究所. 1959- 継続中(隔月刊)
330KCZ 2階
雑誌コーナー
経済セミナー : the keizai seminar (ISSN 0386992X)
日本評論社[編]. 日本評論社. 1991- 継続中(隔月刊)
330KDK 2階
雑誌コーナー
國際經濟
国際経済学会[編集]. 国際経済学会, 1951- 継続中(年刊)
333SAB 2階
雑誌コーナー
The American economic review (ISSN 00028282)
American Economic Association. 1911- 継続中(隔月刊)
330AAB 2階
雑誌コーナー
The journal of political economy (ISSN 0223808)
University of Chicago Press. 1892- 継続中(隔月刊)
330JAS 2階
雑誌コーナー
The Quarterly Journal of Economics (ISSN 00335533)
Harvard University. 1886-2010(季刊)
330QAA 自動書庫


その他、一部の雑誌は電子媒体(電子ジャーナル)として閲覧することができます。本学の場合、次の経済学の権威ある学術雑誌を電子ジャーナルとして閲覧することができます。

The American Economic Review(英語)

アメリカ経済学会が発行する経済学分野での重要論文雑誌。本学ではEBSCOhostやJSTORに収録されている論文をむすびわざサーチを通じて電子ジャーナルとして利用することができる。

Econometrica : journal of the Econometric Society(英語)

計量経済学会(Econometric Society)がBlackwell出版社を通して発行している、1933年創刊の経済学研究論文誌。本学ではWiley Interscienceに収録されている論文をKSU-Catやむすびわざサーチを通じて電子ジャーナルとして利用できる。

Journal of economic theory(英語)

経済学理論に関する主要な学術雑誌の1つ。本学ではScience Directに収録されている論文をKSU-Catやむすびわざサーチを通じで電子ジャーナルとして利用することができる。

新聞記事

→詳細は、調べ方の基本 「新聞記事を探す」を参照

日経・毎日・朝日・読売の新聞記事を探すときは、データベースを使うと便利です。
 

経済学でどの様に経済活動や経済現象を分析するのかイメージできれば、次にリアルタイムにどの様な経済活動や経済現象があるのか知る必要があります。そこで適した資料が新聞です。

 

日経テレコン(日本経済新聞) 全文は1981.10~現在。日経平日朝刊の名物コラム「経済教室」(著名な経済学者等が専門領域の検知から経済現象を解説するコラム)を見ることができる上、企業情報(財務情報)・人事情報の検索もできる。更に、名目・実質GDPや景気動向指数、生産・消費・物価データなどのマクロデータが収録された「日経NEEDS統計データ」(一部)も閲覧することが出来る。
なお,図書館には「日経マクロデータ」の1999-2014までのCD-ROM,DVD-ROMも別途所蔵している。
毎索(毎日新聞) 1872~現在。『週刊エコノミスト』の雑誌記事も見ることができる。
聞蔵IIビジュアル(朝日新聞) 1879~現在。2005.4~切り抜きイメージ、1879~1984は紙面全体のPDFを閲覧。『知恵蔵』の用語解説文も見ることができる。
ヨミダス歴史館(読売新聞) 1874~現在までの読売新聞の記事等を閲覧することが出来る。

役に立つWebサイト

国立国会図書館 リサーチナビ

国立国会図書館の職員が調べものに有用であると判断した図書館資料、Webサイト、各種データベース、関係機関情報を、特定のテーマ、資料群別に紹介。

多国籍企業系譜図(神戸大学経済経営研究所附属企業資料総合センター)

日本の主要な多国籍企業として神戸大学経済経営研究所が選定した62社 (日本側親企業)についての、創立以来の変遷過程の概略を図示したものです。

その他の統計データなどについて

図書館で所蔵する統計・白書(参考図書など)を閲覧することができます。KSU-Catで探してみましょう。

経済学は理論をモデルとして構築して経済現象の分析を行いますが、その理論が分析する経済現象を適切に説明しているかどうか、乖離していないかどうか、実証する必要性があります。実証する際に必要になるのが経済データです。次の統計資料などを参考に、経済データを探してみてください。

資料情報(書誌情報) 請求記号・資料ID 配置場所
国民経済計算年報
経済企画庁[編]. 大蔵省印刷局. 1979 - 継続中.
(年刊)
331.86||KEI||25#2013
01256372 他
3階
参考図書コーナー
経済財政白書
内閣府[編]. 財務省印刷局. 2001 - 継続中.
(年刊)
332.1||KEI||25#2013
01257659 他
3階
参考図書コーナー
世界経済・社会統計 = World development indicators
the World Bank [編]. 東洋書林, 1998 - 継続中
(年刊)
330.59||SEK||2012
01284044 他
3階
参考図書コーナー
世界統計年鑑
国際連合統計局[編]. 東京教育研究所. 1952 – 継続中
(年刊)
350.59||KOK||57#2012
01289961 他
3階
参考図書コーナー
ヨーロッパ統計年鑑 = Eurostat yearbook : a statistical eye on Europe
ヨーロッパ連合編. 1995 - 継続中
(年刊)
353||YOR||2012
01269155 他
3階
参考図書コーナー
ProQuest statistical abstract of the United States.
(前誌:Statistical abstract of the United States)

2013 - 継続中.
(年刊)
355SAA
01258202 他
3階
参考図書コーナー
中国统计年鉴
中国统计出版社. 1991 - 継続中
(年刊)
352.2||ZHO||2013
01259565 他
3階
参考図書コーナー


その他、Webサイトを利用して統計データを取得することもできます。以下は参考までに統計データを取得できるサイトを紹介します。

総務省統計局

総務省統計局が実施している統計調査(国勢調査など)のデータを一覧できる。 我が国の国土、人口、経済、社会、文化などのあらゆる分野にわたる基本的な統計を総合的かつ体系的に収録したもの。
なお、各都道府県統計へのリンクはこちらから。

政府統計の総合窓口(e-Stat)(独立行政法人 統計センター)

総務省統計局が提供する政府統計のポータルサイト。

Eurostat(EU統計局)(英語)

EUの統計データを閲覧できる。

米国国勢調査局 US Census Bureau(英語)

米国連邦政府商務省(US Dept. of Commerce)の国勢調査局のサイト。

中国统计年鉴(中国語)

中華人民共和国国家統計局が編集する公式統計集の最新版はWebサイトで確認することができる。

J-FILE(JETRO:日本貿易振興機構)

国・地域別にまとめられた経済・景気・貿易指標等のデータをExcelファイル等で閲覧・ダウンロードすることができる。

公的機関

日本銀行

日本銀行の発行刊行物と公表資料の一覧ができ、金融・物価・通貨統計や経済情勢資料も検索できる。
なお、日本銀行時系列統計データはここからでも入手できる。

世界銀行(World Bank)(英語)

発展途上国の経済情報、開発問題に関する情報が充実。

国際通貨基金(INTERNATIONAL MONETARY FUND:IMF)(英語)

為替レート、多国間決済制度等のマクロ経済及び金融部門の課題を扱い、国際通貨制度の安定性を確保するための国際機関。各国金融、為替、利子率データの他、電子化されたIMF作成データソースに、年2回発表される『The World Economic Outlook』のデータベースも利用できる。

国際決済銀行(BANK FOR INTERNATIONAL SETTLEMENTS:BIS(英語)

60か国・地域の中央銀行が加盟しており、中央銀行間の協力促進のための場を提供しているほか、中央銀行からの預金の受入れ等の銀行業務を行っている国際機関。国際銀行と金融統計、グローバル流動性と信用、不動産価格と為替レート、決済システムに関する統計データが得られる。

欧州中央銀行(EUROPEAN CENTRAL BANK:ECB)(英語)

EU(欧州連合)の中央銀行。単一通貨ユーロの発行・管理および、加盟国の外国為替オペレーションや外貨準備などを業務とし、金融政策の決定し遂行する。統計サイトではユーロ圏の各種統計、為替レート、金融・通貨統計などの情報を閲覧できる。

連邦準備制度理事会(FEDERAL RESERVE BOARD OF GOVERNORS:FRB) (英語)

アメリカの中央銀行制度は連邦準備制度理事会、連邦公開市場委員会、連邦準備銀行など、複数の組織が分担して中央銀行の役割を果たす。連邦準備制度理事会は、最高意思決定と政策決定の機関で、中央銀行そのものの意味として用いる場合もある。このサイトでは「Working Papers and Notes」やアメリカ国内のマネーサプライ、利子率、信用などのデータを閲覧できる。

世界貿易機関(WTO)(英語)

加盟国の貿易政策や各国ステートメントの原文もある。

日本貿易振興機構(JETRO)

海外のビジネス情報や貿易に関する統計や日本の貿易制度を掲載している。

本学図書館にない資料を入手するには

詳しくは、調べ方の基本「資料や情報が見つからないとき」「図書・雑誌を探す」をご覧ください。

所蔵している図書館を調べる。(レファレンスカウンターで所蔵調査をします。)

相互利用サービスを利用する。(レファレンスカウンターでご相談ください。)

  • 閲覧:他の図書館に行く。
  • 複写:コピーを取り寄せる(有料)。
  • 貸借:他の図書館から借りる(有料)。

図書館に購入希望を申し込む。

  • 「購入希望図書申込書」に記入し、図書館に提出する。
PAGE TOP