ピオトル・グジエホヴャクさん

文化学部 交換留学生 出身国:ポーランド

学部・学科:文化学部
留学期間:2010年4月〜2011年2月(1年間)
氏名:ピオトル・グジエホヴャク
交換留学生アドバイザー:松川 克彦 教授
出身国:ポーランド・ 国立アダム・ミツキェヴィチ大学

 ポーランドのアダム・ミツキェヴィチ大学から来た交換留学生です。ピオトル・グジエホヴャクと申します。ポーランドで民族言語学科を専攻して、日本語と英語を勉強しました。

 京都産業大学とアダムミツキエヴィチ大学の交流協定は2010年に締結されたので、私たちは初めて留学したポーランド人の交換留学生です。実は、民族言語学科の学生にとっては、日本に留学する機会はあまりありませんでしたから、京都産業大学と交流協定が締結された時、日本語の授業を受けていた学生はみんなとても興奮しました。僕が留学できることを先生から教えていただいたときは、本当に嬉しかったです。

 ポーランドでも日本語の授業を受けることができますが、もちろん留学したら日本語の勉強はもっと効果的になるだろうと思っていました。京都産業大学の日本語科目の授業が多い上に、多様ですから、先生たちのおかげで日本語の上達ができました。最初は上級日本語の授業を受けるのは怖かったですが、北川先生に応援していただいて、だんだん慣れてきました。特に、自分で受けたい授業が選択できるので、自分の弱点を考えて、先生と相談して、適切な授業が受けられました。日本語の勉強だけではなくて、普通の学部の授業も受けましたから、認知言語学やスペイン語学概論などの勉強もしました。このように、交換留学生の生活はもちろん、日本の大学生の生活も体験することができました。

 勿論留学は勉強以上のものですから、大学以外の生活も素敵でした。国際交流会館で世界中の国の友達を作ったり、一緒に料理を食べたり、交流パーティーをしたりして、一生に忘れられない思い出をいっぱい作りました。交換留学生のみんなと広島や東京などに行ったり、色々な日本人と会ったりして、少しだけでも日本の文化を理解することができたと思います。 この一年間を振り返ると本当に幸せでした。いつかまた日本に来たいです。皆さん是非会いましょう。いろいろ、ありがとうございました!


  • 清水寺にて

  • サタデージャンボリー
PAGE TOP