京あるき in 東京2019「京都の大学による特別講座」文化学部 村上 忠喜 教授が講演

2019.03.02

TAG:

イベント公開講座文化学部
文化学部 京都文化学科 村上 忠喜 教授

京都市、京都商工会議所、公益社団法人京都市観光協会、京都創生推進フォーラム共催の京都創生PR事業「京あるきin東京2019」が2019年2月1日(金)~3月3日(日)に開催されます。世界に誇る「大学のまち」「学生のまち」京都。京都の11の大学が、歴史や伝統、文化等京都について深く学べる特別講座を行います。本学からは、 文化学部  村上 忠喜 教授が『祇園祭最後の復興曳山「鷹山」』をテーマに講演会を行います。

講演は無料です(要申込)。ぜひご参加ください。

開催日 2019年3月2日(土)
時間 11:20~12:20
開催地 株式会社ジェイアール東日本企画 恵比寿本社ビル10階
(東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル)
【アクセス】
JR山手線「恵比寿駅」 西口(1F)より徒歩約2分
東京メトロ日比谷線「恵比寿駅」 1番出口より徒歩約3分
定員 80名(先着順)
タイトル 祇園祭最後の復興曳山「鷹山」
講師 京都産業大学 文化学部 村上 忠喜 教授
参加費 無料

講座概要

応仁の乱以前の存在が確認できる「鷹山」は、曳山形式の山のひとつである。江戸末期に休止されたが、現在、2022年の復興を目指して準備が進められている。その歴史を跡付け、「鷹山」が祇園祭の山鉾の中で果たしてきた役割や、基本設計の内容を紹介して、近々に都大路に姿を見せるであろうその姿をイメージしたい。

申込み方法

参加費:無料
定員:各講座とも先着80名
申込先:
【HP】https://kyoaruki.jp/event-27-applyにアクセスして、ご応募ください。

【はがき/FAX】①郵便番号・住所、②氏名(ふりがな)、③電話番号、④FAXでお申込みの方はFAX番号、⑤受講を希望する講座名を明記のうえ、次まで送付してください

〒600-8007
京都市下京区四条通東洞院東入立売西町66 京都証券ビル7F
「京あるきin東京2019」事務局
FAX: 075-283-0052

申込締切日

2月15日(金)必着
定員(80名)になり次第、締め切り。
2月20日(水)以降、当選者の発表は受講証の発送をもってかえさせて頂きます。
PAGE TOP