インフルエンザについて

季節性のインフルエンザは、例年11~12月頃に流行が始まり、1~3月にピークを迎えます。いったん流行が始まると短期間に多くの人への感染が拡がります。一人ひとりが手洗い・うがい・咳エチケットを励行し、感染予防をしましょう!そして、感染拡大の防止にみんなで努めましょう。

インフルエンザの症状

インフルエンザウイルスに感染した場合、約1~3日の潜伏期間の後、発熱(通常38℃以上)・頭痛・筋肉痛・関節痛・倦怠感などの全身の症状が突然現れるのが特徴です。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。

予防方法

①流行前にインフルエンザワクチンを接種する

ウイルスの突然変異がなく新しい型のウイルスが出現しなければ、ワクチンの効果が期待できます。個人差はありますが、ワクチン接種後、約2週間で抗体がつき約5か月程度は持続します。
※本学の保健管理センターでは、インフルエンザワクチンの接種はできません。

②食事前や外出先から帰ってきた時は、必ず手洗い・うがいをする

③適度な湿度を保持する

④十分な睡眠とバランスのとれた食事をとり、体力・抵抗力をつける

⑤人ごみや繁華街への外出は控える

インフルエンザにかかった時は?

インフルエンザは発症後、すぐに適切な治療を開始することが重要です。発症の期間を短縮する抗ウイルス薬は、発症後48時間以内に使用しないと効果が期待できません。単なる風邪だと軽く考えずに、早めに医療機関を受診しましょう。周りの人に感染させないためにも、マスクを着用して受診して下さい。

登校・外出自粛期間

本校では、インフルエンザと診断された場合、登校・外出の自粛をお願いしています。次の2つの条件を満たすまでは、学校保健安全法施行規則により出席停止となります。

1.発症した後5日を経過するまで (例1)

2.解熱した後(解熱剤を内服せずに平熱になった翌日を1日目として)2日を経過するまで (例2)

出席停止期間は、所定の手続きを行えば公欠となります。詳しくは、*授業(公欠について)を参照の上、教学センターへお問い合わせ下さい。

咳エチケット

自分から感染が広がるのを防ぐために、咳・くしゃみが人に直接かからないようにすること

  • 咳・くしゃみの際はティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけ1~2m以上離れる
  • 鼻汁・痰などを含んだティッシュをすぐに蓋付きの廃棄物箱に捨てられる環境を整える
  • 咳をしている人にマスクの着用を促す

通常の市販マスクでも咳をしている人のウイルスの拡散をある程度は防ぐ効果があると考えられています。 健康な人がマスクを着用しているからといって、ウイルスの吸入を完全に予防できるわけではないことにも注意が必要です。

  • マスクの使用は説明書をよく読んで、正しく着用する。
PAGE TOP