2015年度第5回Monthly GSC開催

2015.10.21

TAG:

トピックス
 10月21日、本学10号館の情報処理教室にて、グローバル・サイエンス・コース(GSC)の今年度5回目の月例勉強会、Monthly GSCが開催された。

 今回は2015年度に新たにGSCに登録となった2期生が正式に参加する、初めてのMonthly GSCとなった。1期生20人、2期生48人の合計68人と、教職員6人が加わって、GSCの2年目のスタートを切った。

 最初に学部や学年が異なるGSC生どうしが、3、4人でグループをつくり、自己紹介の後、GSCに入った動機や将来の夢、英語の勉強法などをテーマにディスカッションを行った。1期生が2期生を積極的にリードし、活発なアイスブレイクになった。GSCでは理系3学部が合同で活動し、分野を超えて学生どうしが学びを共有することで、大学時代に将来にも役立つ貴重なネットワークを築くことを目標としている。2年目に入り2期生が加わることで、ネットワークの広がりと重要性を意識する初めての機会となった。

 後半はGSCで独自の学習支援ツールとして利用している、eポートフォリオの説明が行われた。2期生は導入編として、ポートフォリオがウェブサイトから利用でき、大学での学びや経験を、独自のルーブリック(評価基準や行動指標、到達目標をレベルごとに定めた成長の見取り図)にしたがって蓄積する方法について説明を受けた。1期生はすでに利用中のeポートフォリオを、さらに活用するための発展編を行い、最近達成した成果の入力作業を行った。

 最後に、GSCがスタートから1年を迎え、この期間にさまざまな活動で活躍したメンバーの表彰が行われた。水曜日を除く毎日昼休みに行っているGSC+や、Monthly GSC、Global Saloonの月例イベントに加え、サマーキャンプ、海外サイエンスキャンプ、インテンシブセミナーなどの集中した取り組みを通じて、GSC生は主体的にチャレンジする意識を成長させてきた。今回の勉強会は、新メンバーを迎えてさらにパワーアップしていく期待と熱気に満ちたイベントとなった。
アイスブレイクで1期生と2期生が交流をはかった
自分が身につけた能力について振り返り、eポートフォリオに入力する
ポートフォリオに優秀なコンテンツを作成した人には「ポートフォリオ・ハイプロファイル賞」が送られた
PAGE TOP