「イノベーション・ジャパン2015」にて研究成果発表ブースを出展

2015.08.27

TAG:

トピックス


 2015年8月27日(木)・28日(金)に「イノベーション・ジャパン2015」が、東京ビッグサイト(東京国際展示場)にて開催された。このイベントは、大学等が研究成果を発表するものであり、本学からは総合生命科学部 加藤 啓子教授が「食餌中の油に反応するうつ,不安障害モデルマウス」をテーマに、そしてコンピュータ理工学部 荻野 晃大准教授が「感性に適する製品の発見を支援する情報システム」をテーマにそれぞれ出展を行った。

 このイベントは来場者が2日間で20,662名に上り、本学ブースにも多くの企業・団体の方から訪問があった。

ショートプレゼンを行う加藤教授
来場者に説明する荻野准教授
会場は多くの来場者で賑わった
PAGE TOP