「スポーツと人間形成」で米国公認アスレティックトレーナーの淡路 靖弘さんが講義

2015.06.26

TAG:

トピックス
 6月26日、米国公認アスレティックトレーナーであり、本学ラグビー部チーフトレーナーの淡路 靖弘さんが共通教育科目「スポーツと人間形成」でゲストスピーカーとして講義を行った。

 「米国公認アスレティックトレーナー」とは、アメリカの国家資格の一つ。準医療従事者であり、スポーツ選手の負傷時の応急処置や復帰の手助けをする。スポーツ選手の健康管理に重要なメンバーとして現場で活躍している。

 淡路さんは、スポーツに係りたいという思いから高校卒業後3年半、アルバイトで学費をためた後アメリカに留学し、カリフォルニアの州立大学で国家資格を取得。大学では人間の骨格や筋肉の様子を学ぶため、人体解剖なども行ったという。その後、サンフランシスコジャイアンツで研修トレーナーとして従事し、日本では阪神タイガースや神戸製鋼ラグビー部のトレーナーとしてチームに貢献した。

 講義では、師の教えを取り入れる『守』、その教えを元に自分の考えを取り入れる『破』、新しい物を創造する『離』という『守破離(しゅはり)』の教えを説き、「どんな道でも継続することが大切。天才はいない。今、活躍している選手は裏で努力している」と述べ、日々の積み重ねの重要性を受講生に訴えた。
「守破離(しゅはり)」の教えを説く淡路さん
基本を大事に、継続が必要だと訴えた
PAGE TOP