葵寮で防犯教室を開催

2014.04.09

TAG:

トピックス
 4月9日、葵寮において、下鴨警察署から専門の講師を招いた防犯教室を開催し、新入寮生37人が参加した。

 最初に防犯に関する講義が行われ、講師から、京都の軽犯罪の内、被害者の10人に1人が大学生であるとの説明に驚きの声があがった。また、音楽を聴きながら歩くデモンストレーションをみて、後方から不審者が近寄って来てもまったく気づかないことを実感した。

 その後、交通に関する講義では、改正となった自転車の交通ルールについて、改めて確認した。最後に簡単な護身術のレクチャーを受け、実技を体験した。

 講師である婦警は「自分の身は自分で守ろう!」と語り、笑いの中にも真剣に取り組んだ1時間となった。
改正された自転車交通ルールについての講義
護身術のレクチャーを受ける葵寮生
PAGE TOP