ドイツ・ルードヴィヒスハーフェン経済大学からの訪問

2013.11.12

TAG:

トピックス
 11月12日、ドイツ・ルードヴィヒスハーフェン経済大学の東アジアセンター理事であるフランク レーヴェカンプ教授が来学し、山岸 博副学長、鈴井 清巳国際交流センター長、国際交流センター事務長およびスタッフが出迎えた。

 ルードヴィヒスハーフェン経済大学とは2013年3月に包括協定を締結し、今年度秋学期より2人の交換留学生を受け入れている。

 山岸副学長より訪問に対して挨拶が述べられ、その後、ルードヴィヒスハーフェン経済大学からの交換留学生2人も加わり、本学での履修や留学生活について報告が行われた。

 2014年度春学期にルードヴィヒスハーフェン経済大学への交換留学生募集を行い、秋学期に本学から初めての交換留学生を派遣する予定である。また、教員交流も視野に入れた交流について活発な意見交換が行われた。
ルードヴィヒスハーフェン経済大学 フランク レーヴェカンプ教授(左)と懇談した山岸副学長(右)・鈴井国際交流センター長(中央)
交換留学生2人を交えた出席者
PAGE TOP