総合生命科学部バイオフォーラム2013 開催

2013.10.29

TAG:

トピックス
 10月29日、15号館15102セミナー室において、血管内皮増殖因子(VEGF)とその受容体による疾患の医学研究の第一人者として活躍されている上武大学学長・医学生理学研究所所長 渋谷 正史 教授を招き、バイオフォーラム2013が開催された。

 講演では、がんの転移には血管が関与しており、がんの転移抑制にはVEGFによる血管の誘導を抑えることが重要であることを紹介された。VEGFは、骨髄再生、リウマチ、妊娠中毒症などにも関与していることも紹介された。

 参加した2年次生の学生は、「実際に研究内容を聞けることもメリットだが、他にも実際に研究者がどのような質問をするのか、どんな空気の中で行われているのかを知ることができて良かった」「新しいことを発見することは楽しそうだと思えた」とコメントした。参加した学生にとって研究者間の質疑応答に刺激を受け、新しい研究がどのように進められるのかを肌で学ぶ機会になったようであった。
解説をする渋谷教授
研究内容に聞き入る参加者
PAGE TOP