2013年度 EBJ派遣留学プログラム研究発表会 開催

2013.10.02

TAG:

トピックス
 10月2日、EBJ派遣留学プログラム 研究発表会が3号館で開催された。

 2013年4月〜7月にかけて18人の学生がEBJ派遣留学プログラムに参加。アメリカ・カリフォルニア大学リバーサイド校で行った発表を帰国報告として研究発表会を行った。

 研究発表会では、5つのテーマ「How to stay out of the red in the black」 「Best Practices in Organization Leadership」 「U.S. vs. JAPAN」「An introduction to Jurisprudence」 「How to maximize your marketing」のグループに分かれ、パワーポイントを使って研究発表を行った。

 EBJプログラムに関心を持つ約20人の学生が参加し、「英語だけでなく多くの経験ができ自信がつくのだなと感じた」、「とても頑張って留学したことが伝わった」などの感想があった。

※EBJ派遣留学プログラムとは、2002年度より実施してしいる経済・経営・法学部を対象とした半年間の派遣留学プログラムで、アメリカ・カリフォルニア大学リバーサイド校にて英語語学学習と現地機関・企業訪問(例:裁判所、大型スーパーなど)を行い、習得した英語で研究発表を行うもの。
研究発表会の様子
アメリカ・カリフォルニアリバーサイド校にて
PAGE TOP