O/OCF‐PBL2受講生企画「創作八ツ橋」「ひんやり抹茶」試食会実施

2013.07.19

TAG:

トピックス
 7月19日、5号館ロビーにおいて「八ツ橋&お茶コラボ企画『選べ!創作八ツ橋総選挙!!』〜NO.1を決めるのは君だ〜」が開催された。これは学部・学年を横断して編成された学生のチームが企業などから提供された課題の解決に挑戦する過程(実践指向型の課題解決学習『PBL: Project Based Learning』)を通して、大学での勉学の成果を実社会で活用できる能力として育成するプログラムの一環として企画されたもので、今回、2クラスが合同でイベントを実施した。

 京都のお土産で有名な(株)井筒八ツ橋本舗から「八ツ橋は、なぜ京都の観光土産として認知されているのか」という課題が与えられたクラスは、八ツ橋の認知度を高める調査企画として自分たちが考えたオリジナル創作八ツ橋の「八ツ橋〜旬の杏ジャムを添えて〜」「八ツ橋と豆腐〜かたさとやわらかさの狭間で〜」「生八ツ橋〜珈琲ゼリーとのハーモニー〜」「ハムチーズロール〜意外な友との出逢い〜」の4つの試食を実施。八ツ橋の由来の解説や歴史も展示し、美味しかったメニューの投票や評価・意見を問うアンケートを行った。

 また、京都に本店を構える日本茶専門店(株)一保堂茶舗から「日本茶の新たな魅力発見型イベントの企画提案」を課題として与えられたクラスは、(株)一保堂茶舗から提供された抹茶を使用した「夏にぴったり ひんやり抹茶」の試飲を行った。マグボトルに抹茶を濾し氷水を注いで出来る、茶筌を使わない「シャカシャカ抹茶」を抹茶の手軽な楽しみ方として紹介した。

 ロビーには意外な食材との組み合わせが考案された創作八ツ橋の試食や、暑さを吹き飛ばす冷たい抹茶の試飲を求める行列ができ、舌鼓を打つ多くの学生で賑わった。
創作八ツ橋とひんやり抹茶を求めて行列ができた
大人気のため休む暇なく創作八ツ橋を作る
抹茶の効能を紹介した用紙も配布された
PAGE TOP