柔道・ロサンゼルス金メダリスト選手 松岡 義之さんが講義

2013.07.05

TAG:

トピックス
 7月5日、1984年ロサンゼルスオリンピックの柔道金メダリストで、本学卒業生の松岡 義之さん(1979年経済卒)が共通教育科目「スポーツと人間形成」でゲストスピーカーとして、講義を行った。

 この授業ではスポーツの持つチャレンジ精神やコミュニケーションなどについて学習し、スポーツ界で活躍されている本学の卒業生やプロフェッショナルな方々をゲストスピーカーとして招いて、「大学スポーツの意義」をテーマに講義を行う。

 松岡さんは初めて国際大会に出場した試合の様子や、ロサンゼルスオリンピック出場時の周囲からのプレッシャーや苦悩などを述べ、「自分がオリンピックに出場してもいいのかという追い込まれた気持ちになった。苦しかったけれど、畳に上がって自分がやってきたことを出し切ろうと思った」と真っすぐに目標に向かい、夢を諦めなかった姿勢を受講生に語った。
ロサンゼルスオリンピックの金メダルは自分一人の力では取れなかったと語った松岡氏
腰を痛めても、夢を諦めたくなかったと選手時代を振り返った
PAGE TOP