馬術部 教育功労者授与・第55回全日本学生賞典馬場馬術4位入賞 学長報告

2012.11.12

TAG:

トピックス
 11月12日、馬術部主将 久能 卓さん(経済・4年次)と初鹿野 遥子さん(外国語・4年次)が藤岡学長の元を訪れ、馬術部が京都市教育委員会より第64回教育功労者として表彰されたことと、全日本学生馬術大会の競技成績結果を報告した。

 馬術部は、不登校児を対象とした京都市教育委員会が設置している「教育支援センターふれあいの杜」から、毎年9月に3回小中学生を招き、馬とのふれあい教室を10年間続けたことに対して永年にわたり、「馬とのふれあい教室」を通して、子供たちの情操を高め、不登校問題の解決に尽力するなど、本市教育の充実発展に多大の貢献をしたと評価され、京都市教育委員会により、11月8日に表彰された。

 また、馬術部は第55回全日本学生賞典馬場馬術競技大会にて久能さんが4位入賞、同競技で団体5位、そして、障害馬術競技等を含めた今大会の総合3種目の合計得点で団体6位入賞も果たした。

 藤岡学長は「受賞おめでとうございます。永年の努力は大変なものだと思います。卒業しても部活での貴重な経験を生かして、今後ともがんばってください。」と激励した。
報告に来た馬術部の久能さん(左から2人目)と初鹿野さん(同3人目)
今大会で受賞の喜びに沸く馬術部
PAGE TOP