キャリアデザイン・ゼミナールin東京 最終報告会開催

2012.10.24

TAG:

トピックス
 10月24日、515教室にてキャリアデザイン・ゼミナールin東京の最終報告会が開かれた。これは、進路センターが企画する進路支援プログラムの一つで、夏休みに3年次生約90名が4班(12チーム)に分かれ、3つの業種が異なる首都圏の企業に1泊2日で会社訪問をし、職場見学や社員の方へのインタビュー等を通じ感じた「訪問先企業の魅力」について、7分間のプレゼンテーション、その内容について質疑応答を行う企画である。

 チームごとに、“他の企業との比較検討”、“会社社長との面談などを通して感じたこと”等、それぞれに特徴が出ており、非常に力のこもったプレゼンが行われた。

 また、プレゼン内容については、進路センタースタッフ8名が審査員となり、全体の完成度、内容のわかりやすさ、説得力など5項目対して審査し、総合評価により最優秀賞・優秀賞を決定し表彰した。会場からは終始温かい拍手が起こるなど、大変熱意が溢れる報告会となった。
全体で100名以上の参加があった
プレゼン後には審査員より質疑応答が行われた
最優秀賞を取った丸文チーム
PAGE TOP