産学協働推進国際フォーラム「企業の国際化とグローバル人材の育成」開催

2012.03.29

TAG:

トピックス
 3月29日、メルパルク京都において、本学主催、京都経営者協会後援により産学協働推進国際フォーラム「『企業の国際化とグローバル人材の育成』−産学協働によるコーオプ教育の実践事例を通じて−」が行われ、企業・経済団体など32人が参加し、専門家、学生、企業の3者の立場からコーオプ教育によるグローバル人材育成の目的や効果、課題などについて考える貴重な機会となった。

 フォーラムでは、産学協働による就業体験を通じた人材育成を行う教育プログラム「コーオプ教育」の先進国カナダの第一人者であるジェニー・レイリー氏を招き、コーオプ教育の意義や効果などについて「企業の国際化に向けたコーオプ教育の役割」をテーマに基調講演を行った。また、実際にグローバル人材の育成に向けて、カナダ人の学生を受け入れ、プログラムを実施している「福井鋲螺株式会社」と「大阪ガス株式会社」の担当者が、カナダ人の受入学生とともに実践実例の報告を行った。最後に、今後の参加企業・大学の関係構築に向けたネットワーキング(名刺交換)で、活発に意見を交換した。
コーオプ教育の第一人者ジェニー・レイリー氏
講演に耳を傾ける参加者たち
PAGE TOP