バスケットボール部が学長表敬訪問

2011.06.13

TAG:

トピックス
 6月13日、本学バスケットボール部男子が藤岡 一郎学長を表敬訪問し、西日本学生バスケットボール選手権大会での優勝を報告した。
 同大会は2011年5月29日〜6月5日に開催され、本学バスケットボール部は男子決勝で天理大に勝利し、5年ぶり16回目の優勝を飾った。大会の最優秀選手賞・得点王に熊谷 駿さん(経済・4年次)、優秀選手賞に合瀬 教成さん(法・4年次)が選ばれ、村上 和之コーチは優秀監督賞を受賞した。

 藤岡学長は選手をねぎらい、「今後もみなさんの活躍を祈っています」と激励した。主将の熊谷さんは、「試合を重ねるごとにチームがまとまり、それが優勝につながったと思う。試合では京都産業大学伝統の粘り強いディフェンスからの速い攻めができた。秋のリーグでも優勝を狙い、11月の全国大会でどれだけできるかを試したい」と語った。
(左から)村上 和之コーチ、川北 靖之学生部長、バスケットボール部の皆さん、藤岡 一郎学長
一人ひとりと握手を交わす藤岡学長
PAGE TOP