島本町教育委員会「平成22年度青少年健全育成大会」に理学部物理学科生が参加

2010.11.14

TAG:

トピックス
 11月14日(日)、大阪府 島本町教育委員会「平成22年度青少年健全育成大会」において、本学、理学部物理学科の学生が中心となり実施した科学実験ショーおよび科学実験の体験教室が開催された。子供218人、保護者107人が参加した。

 この取り組みは、島本町教育委員会から委託を受け、本学の谷川 正幸 理学部教授、鈴木 信三 理学部教授、伊藤 豊 理学部准教授の指導のもと、理学部物理学科の学生が、実験内容の企画から準備、実施したもの。「ドライアイスのふしぎ」「ブラックウォールのマジック」などの科学実験ショーや、「スーパーボールを作ろう」「3Dメガネを作ろう」など、多彩な科学実験の体験教室を行った。

 参加した子供達は、本学の学生とふれあいながら、科学の面白さや不思議さを学び楽しんだ。
科学実験ショーを行う学生
インタビューを受ける理学部学生
科学実験ショーに夢中になる子供達
PAGE TOP