コーオプ教育グランプリ in 京産大 開催

2010.10.13

TAG:

トピックス
 10月13日(水)、5号館5303教室において、「コーオプ教育グランプリ in 京産大」が行われた。

 この大会は、大学における「社会人基礎力」の育成事例とその成果について発表するもので、経済産業省が主催する「社会人基礎力育成グランプリ2011」に出場する本学代表チームを決定する予選も兼ねている。
 社会人基礎力育成カリキュラムでプロジェクトに取り組むチームや、学部のゼミなど、計7チームが出場し、どのような活動に取り組み、失敗や困難を乗り越えてどのように成長できたかを、工夫を凝らしたスライドや、寸劇などを交えて発表した。
 
 最優秀賞は、「ITを活用した京都学生発!新しい外国人向け観光サービスの創出〜個性的な14人が創り出した笑顔の輪、SmileLink(スマイリンク)」を発表した「SmileLink Member」チームに、優秀賞は、経営学部 井村ゼミの「京育〜錦で育む京都の心〜」に与えられた。

 最優秀賞を受賞した「SmileLink Member」チームは、企業からの提供課題解決に挑むPBL授業を受講する14人のチームで、「ITを活用した外国人向け観光サービスの検討」という課題に対し、Twitterを利用した観光案内や、町屋を利用して外国人と交流するイベントを実施し、その様子をWebで配信しながら、外国人観光客と「友達になる」というサービスを企画、運営している。
 チーム代表の原 光弘さん(経済・3年次)は、「皆に笑顔(スマイル)を届けられるように、これからもがんばって全国大会を目指します。」と喜びを語った。
 「社会人基礎力育成グランプリ2011」近畿地区予選大会は、12月2日に大阪で開催予定。
各チーム工夫を凝らした発表で取り組みを説明
最優秀賞を受賞した「SmileLink Member」チーム
PAGE TOP