高大連携 京都みらいネット「京の学び探訪2007」での講義配信

2008.01.16

TAG:

トピックス
 1月10日、京都産業大学は京都府教育委員会と連携し、「京都学び探訪2007(※)」において講義を提供した。

 文化学部の小林一彦教授が京都府総合教育センターにおいて、「日本人の感性と美意識のふるさと、京都」をテーマに、私たちが日常生活でとる何気ない行動にも、先人たちが育ててきた感性や美意識が息づいていることを、古典文学から読み解く講義を行い、その模様を京都府立東舞鶴高等学校3年生へライブ配信した。

 聴講した生徒たちは今も昔も変わらない人の心や思いに触れ、古典文学の魅力にひき込まれていた。

※京都みらいネット(京都府下の高校を結ぶインターネット)を利用して、京都府北部の府立高校を対象に大学の講義を配信するもの。
インターネットで双方向講義を実施
PAGE TOP