修学院中学の生徒が就業体験

2006.06.07

TAG:

トピックス
 6月1日から7日までの5日間、京都市立修学院中学校の2年生3名が本学で就業体験を行った。「生き方探求・チャレンジ体験」の一環として就業体験をするもので、今回の就業先は情報センターと図書館の2事務室。

 2日目は情報センターの業務で「チャレンジ精神の源流」※1の講義撮影を3人が体験した。「撮影するのに精一杯で講義の内容まではあまり分からなかったが、ミスしないように心掛けた。編集作業は地味な作業だけど楽しかった」と感想を述べた。

 図書館では、カウンター業務を行い「緊張して慌てて作業をしていたら、学生のみなさんが、ゆっくり落ち着いて。ありがとう。などとやさしい言葉をかけてくれ、気持ちが楽になって仕事が出来た」と、5日間の体験を振り返った。

 3人は19日に改めて御礼訪問をする予定。

※1 人間科学教育科目の講義の1つ。 NHKの「プロジェクトX」で登場された方々が、講師として教壇に立ち講義を行う。
講義の撮影をする修学院中学生
PAGE TOP