ゼミナールテーマ

現代社会学科

ポピュラーカルチャーとジェンダー
東 園子 准教授

漫画・アニメ・ゲーム・映画・テレビ番組・雑誌・音楽・ファッションといったポピュラーカルチャーや、ジェンダー(性別)やセクシュアリティ(性)に関する問題に関心がある人のためのゼミです。学生が自ら研究テーマを選び、社会学的な視点から研究を進め、卒業論文を書き上げることを目標とします。

人と自然の関係にかかわる研究
足立 薫 准教授

自然だけ、人間だけをみるのではなく、自然と人間の関係に焦点をあてます。基礎文献の講読とディスカッションを全体で行い、読解・議論の技術の習得にも重点をおきます。グループや個人でテーマを決め、課題研究を行います。「観察」の実践を通して、フィールドワークについても考えを深められるようなゼミをします。

グローバル化する日本と「多文化共生」
岡井 宏文 准教授

グローバル化が進む社会の中で、多様な文化や自身を含む人々の生活を理解することはますます重要になりつつあります。本演習は、多様化する日本社会を、宗教や文化を切り口に読み解くことを目的とします。移民と宗教の関わり、教育現場や地域での共生、食文化、ファッション、観光と宗教などのテーマを学び、卒業論文を完成させます。

メディア文化の「新たな魅力」を具体的に探る
鍵本 優 准教授

メディア文化には、音楽・映像・ゲーム・マンガ・小説・舞台・ダンス・ファッション・テクノロジーなど、さまざまな領域があります。演習では、受講生の具体的な興味関心をもとに、一般には気付かれていないそれらの「新たな魅力」を探ります。関連文献を読み、調査・考察・制作などを行い、成果を論文にまとめます。

ベトナムの農村でのフィールドワークを通した地域課題の発見
加藤 敦典 准教授

ベトナムの農村で現地調査を実施し、インタビューなどを通して地域の人々の願いを知るとともに、現地の課題を解決するための活動を地域の人々とともに考えていきます。これまで「子供たちの夢」「農水産物の生産・流通の現場」「高齢者ケア」などについて調査してきました。現地での文化・スポーツ交流も実施しています。

さまざまな研究方法を利用した現代アートによる社会との関わり方、
現代アートの社会変革を促進する役割の研究
金光 淳 教授

アート・フェスティバルは、アーティスト、鑑賞者、企業など多様なアクターを巻き込み、社会関係資本を創出しながら社会を変革するパワーを有しています。ゼミではフィールド調査により、写真によるヴィジュアル調査法やインスタグラムの解析、社会ネットワーク分析といったユニークな方法を使って、これにアプローチしていきます。

臨床心理学と対人援助活動 ~現代社会をsurviveするための
psychosocialアプローチ~
河原 省吾 教授

現代の社会は、個人の内面から世界の出来事まで、さまざまな問題に満ちあふれています。これらに心理ー社会的なアプローチで迫ります。臨床心理学と対人援助活動というテーマに沿って、実習、研究、発表などをおこないます。出来事を観察し、考え、仮説を立て、実践する方法を学びます。

多様な生き方働き方を考えるキャリア開発プロジェクト
木原 麻子 准教授

多くの大学生にとって、大学は社会に出る一歩手前の時期。このゼミは「学ぶ」と「働く」をつなぐ場として、社会で活躍する多くの人と出会い、自らもチームで多様な経験を積む中で自分らしい生き方や働き方を探索します。さまざまな方へのインタビュープロジェクトや徳島県での関係人口創出プロジェクトなどに取り組んでいます。

「小豆島 島鱧®」のブランド化推進
塩谷 芳也 准教授

近年、小豆島近海で水揚げされるようになった「小豆島 島鱧®(しょうどしま しまはも)」のブランド化推進を通して、小豆島の地域経済に貢献することがゼミの課題です。SNSなどを駆使して「小豆島 島鱧®」を広く周知するとともに、飲食店とのコラボレーションやイベント開催により「小豆島 島鱧®」の実食機会を創出することで、この課題を追求しています。

京都府北部活性化のための地域との協働によるコトおこしの実践
滋野 浩毅 教授

人口減少、過疎化・高齢化など、日本の地域社会の多くが直面する地域課題に対し、地域はどんな将来像を描き、どんなことに取り組んでいけばよいのか。このプロジェクト演習では、本学と包括連携協定を締結している京都府綾部市を中心に、地域の現場に入り、地域の人と協働しながら課題解決に向けた取り組みを行います。

現代社会と文化
菅原 祥 准教授

現代社会におけるさまざまな文化現象を扱うゼミです。私のその時々の興味・関心に応じて、毎年扱うテーマは少しずつ変えています。1期生(2017年度入学)のゼミでは「文化遺産」に焦点を当てたゼミを行っています。2期生(2018年度入学)のゼミでは「文学と社会」というテーマでゼミを行う予定です。

京都らしい地域づくり
鈴木 康久 教授

学生時代を過ごす「京都」に着目し、これからの京都の進むべき方向性について議論を深め、現地現場に赴いて社会に役立つ「ゼミ活動」を展開します。具体的には、「三条大橋」「久御山町」などの魅力を発信するために、将来の理想像を踏まえた上で、市町村などと連携する中で現実的な提案や事業にチームで取り組みます。

教育と社会
惣脇 宏 教授

教育と社会の関係や相互の影響をめぐる、幅広いさまざまな課題についてワークショップ形式で考え、議論します。これまでに取り上げた課題には、「平等と公平」「大学での学び」「余暇・副業と職場学習」などがあります。これと並行して、学生各自がそれぞれ最も関心のある研究テーマを見つけ、レポートや卒業論文を作成します。

コミュニティの未来とこれからの学校
西川 信廣 教授

日本の70%を占める中山間部では人口減少が進み、消滅自治体という言葉も流布しています。2019年の出生数は87万人を下回り、今後、小中学生数も大幅に減少します。現在、小学校は約2万校、中学校は約1万校存在しますが、統廃合はやむを得ない状況でもあります。本演習では、地方都市の未来を学校の在り方を軸に考察し、持続可能な地域創生の方途を探ります。

家族・労働・ジェンダーにかかわる研究
藤野 敦子 教授

日頃、みなさんが身近に感じている家族・労働・ジェンダーに関する問題を、社会課題として取り上げ、研究します。課題の例として、日本の最近の若者の恋愛離れや母親のワンオペ育児などが挙げられます。インタビューやアンケートから得られたデータ分析で問題の核心に迫り、エビデンスに基づく政策提言や政策立案の発信までします。

広告、メディアおよび生活者の行動
ポンサピタックサンティ ピヤ 教授

本演習の目的は、「広告」や「メディア」及び「生活者の行動」をテーマとした卒業論文の作成に向けて、準備作業を行うことです。具体的には、社会学や比較文化論(経済、政治、文化、社会状況など)の観点、あるいは、マーケティング(生活者の行動、広告の効果など)の観点から、広告を分析します。

多様な人々と生きる
前川 真裕子 准教授

本演習では、文化的にも歴史的にもさまざまな背景をもった人々が共に社会を構成する様子を考察していきます。その上で鍵となるのが、「多文化主義」や「多文化社会」といった言葉です。多文化社会として有名なオーストラリアなど海外の事例を学びつつ、私たちの身近な日本の現状についても考えていきたいと思います。

地域社会研究
耳野 健二 教授

現代における地域社会の在り方や特徴を、地域づくりの実践やフィールドワークを通じて学びます。ゼミでは学生が主体となって、活動計画をつくり、地域と交渉し、イベントの企画や成果物の作成に携わります。これまで、過疎の進む農村地域でウォークラリーの実施や地域資源を生かした地域活性化の提案などを行いました。

場のデザインとソーシャル・イノベーション
宮木 一平 教授

さまざまな「場」を「居心地良い場」にするのが「場のデザイン」(地域づくり、環境保全、人材育成なども)、そのための創意工夫が「ソーシャル・イノベーション」です。「寄り添い耳を傾ける」「発見する」「表現し発信する」参加体験型演習で、問題解決とマネジメントを軸に実際の「場のデザイン」プロジェクトに取り組みます。

京町家と人々をつなぐ ーポピュラー文化を生み出す表現メディアの提案ー
山中 千恵 教授

京都の町家の現状や活用事例、京町家がある街づくりや独自の住まい方文化、地域のお祭りに関する調査を行っています。調査を基に問題を発見、解決する糸口となるよ うなメディアを作成、発信することで、いろいろな人と問題関心を共有し、議論の場を作ることを目指して活動しています。

マルチプラットフォーム・ストーリーテリング
脇浜 紀子 教授

メディア利用形態の多様化で、あらゆるメディアプラットフォーム(新聞・テレビ・ラジオ・ウェブ・SNS・デジタルサイネージ)で、さまざまな表現手法やツールを使って、情報伝達することが求められています。デジタル化の進行でメディアがどう変容していくのか、実践を通して学んでいきます。

PAGE TOP