すぐ食べたい。うまい学食をピックアップ!!

2022.04.28

「むすびキッチン」で、一番人気の鉄板ハンバーグランチ(560円)。
新学期がスタートし、大学で昼食をとる機会が増えたのではないでしょうか。しかしキャンパス内には食堂がいくつもあり、しかもどの学食もおいしいので、新入生はもちろんどこに行こうか迷ってしまう人も多いと思います。そこで今回は、数ある食堂の中から3店舗をピックアップし、そのおいしさの理由を調査しました。3年次になった私も取材で初めて知ったことが多くあったので、2~4年次生もぜひ最後まで読んでみてくださいね!
(学生広報スタッフ 文化学部3年次 夏目 真衣、経営学部3年次 島田 和哉)

アツアツの鉄板メニューが人気!!「むすびキッチン」

最初に紹介するのは、雄飛館2階にある「むすびキッチン」です。雄飛館はサギタリウス館と真理館に挟まれたピロティの中央にあるONLY ONE CAMPUSのブルーのモニュメントグラフィックが目印の建物です。お昼時は混雑するので、座席を確保してから食券を買いに行きましょう。
むすびキッチンの一押しメニューは、他の食堂にはない鉄板料理です! 食堂のスタッフさんによると、アツアツの状態で食べられるように、お昼の時間を逆算して、料理と鉄板をそれぞれ温めているそうです。
木製のプレートがカフェ風でおしゃれです。
ジュ〜という音と共にカウンターから出てきたハンバーグは、受け取った瞬間からいい香りがします。ハンバーグに、付け合わせの野菜、サラダ、ご飯がついていて、ボリューム満点です。ハンバーグはとってもジューシーで、オニオンソースともよく合い、ご飯が進みます。
鉄板旨辛グリルチキンランチ(560円)。
ハンバーグと並び、もう1つの看板メニューであるグリルチキン。外はカリカリ、中はジューシーで、醤油ベースのピリ辛タレがチキンに絡みます!温泉卵を崩しながら食べるとまた味わいが変わっておいしいです。
鉄板料理の他にも、日替わりソースのオムライスや唐マヨ丼など、メニューは種類豊富。季節ごとに新しいメニューを考えているそうです。

「むすびキッチン」で実際に食事をしていた学生にインタビュー

学生Hさん「一番好きなメニューはグリルチキンです。1年次生の頃からよく来ていますが、どれもおいしいのでその日の気分でいろいろなものを食べています。」

学生Nさん「ラーニングコモンズで勉強をしていて、近いから来ました。味噌カツ丼を初めて食べましたがとてもおいしいです。」
テイクアウトメニューの準備を行うスタッフさん。
また、むすびキッチンはサギタリウス館1階のグローバルコモンズ前でテイクアウト弁当の販売も行っています。塩ダレ、マヨネーズなど味の種類豊富なからあげ丼や、甘辛醤油ダレが絶品のたれカツ丼など、7〜8種類が売られているそうです。テイクアウトメニューにも注目です!

流行のメニューが週替わりで楽しめる!「キッチンサン」

続いて紹介するのは、真理館1階にある、キッチンサンです。真理館1階には「すき家」「スガキヤ」「キッチンサン」の3店舗が並んでいますが、その中でもキッチンサンの特徴は、毎週2種類のメニューが登場する「週替わりメニュー」。全てのメニューに豚汁と温玉がつくので、栄養満点です。なるべく出来たてが提供できるよう、スタッフさんが朝から手作りしています。
明るい雰囲気のキッチン。
取材時の週替わりメニューは「ヤンニョムチキン丼」でした!韓国料理のヤンニョムチキンですが、キッチンサンでは辛すぎないよう、日本人が好む味付けにしているそうです。甘辛いタレはご飯が進むよう少し濃くなっています。
ヤンニョムチキン丼セット(530円)。
キッチンサンのスタッフさんによると、週替わりメニューは「定番ではないけれど、聞いたことがあって、インパクトのあるもの」を意識して、考えているのだとか。ヤンニョムチキンも若者に人気で、目を引きますね!流行のメニューを食堂で食べられるなんてうれしいです。

「キッチンサン」で実際に食事をしていた学生にインタビュー

学生Dさん「ヤンニョムチキンは、SNSで聞いたことはあったのですが、実際食べるのは初めてなので、新鮮です。貴重な経験になりました!」

学生Nさん「ヤンニョムチキンは独特な味付けですが、食べやすいです。」
ヤンニョムチキン丼の他にも、照り焼きチキンやチキン南蛮など、オリジナルメニューが週替わりで並びます。今週のメニューや新メニュー、さらには期間限定のキャンペーンなどは、「キッチンサン」の公式インスタグラムから確認できます!
◉公式インスタグラムはこちら

自分だけの油そばを作れる!?「らーめん壱馬力」

最後に紹介するのは、学内でも長蛇の列ができることで知られる「らーめん壱馬力」です。場所は並楽館1階。
店内に入ると、ラーメンの良い香りがします!
千本丸太町にある人気ラーメン店「麺屋しゃかりき」の2号店として京都産業大学に出店した「らーめん壱馬力」。大学でも路面店と同じ味を食べてほしいという思いで、店内調理にこだわっています。スープは、大きな寸胴鍋で鶏ガラを煮出し、煮干しとかつお節など数種類の節を合わせて仕上げます。チャーシューも豚肉をオーブンで焼いて、お店で手作りしています。麺は、京都のラーメン業界で有名な製麺所「麺屋棣鄂(ていがく)」によるオリジナル麺を使用。ツルツルとした細麺がおいしいです。
チャーシュー油そば(450円)。
らーめん壱馬力の一番人気はラーメンかと思いきや、実は油そば!シンプルな味わいの油そばに、カウンターに置いてあるマヨネーズ、醤油、お酢、ラー油、ゴマ油などを使って、自分好みの味付けができるのが学生に人気の理由だそうです。

「らーめん壱馬力」で実際に食事をしていた学生にインタビュー

学生Oさん「自分好みの油そばを作りました!僕は醤油ベースがおすすめです。醤油3〜5周に、ラー油とごま油を1周ずつ、マヨネーズを少しかけていただきます。」
味をマイルドにしたり、辛めにしたり、自分だけのオリジナル油そばをその場で作ることができるのは面白いですね。

今回は、数ある京都産業大学の食堂の中から3店舗を紹介しましたが、おいしい学食を楽しむことができる食堂は他にもたくさんあります。それぞれの店舗にこだわりや工夫があり、安くておいしい魅力的なメニューがたくさんあるので、ぜひ充実した学食ライフを送ってください。学食での食事は、大学生活の楽しい思い出の一つとなる大切な時間になるはずです!
************************
学生広報スタッフのInstagram(@ksu_kouhoustaff)
WEB記事で紹介した写真のアザーカットやこぼれ話を紹介!
フォローよろしくお願いします♪

学生広報スタッフメンバー随時募集中★
************************
PAGE TOP