外国語学部の特色

学生全員が在学中に海外留学を経験できる

コミュニケーション能力を重視した語学力の修得に加え、異文化理解を深めることを目的とし、すべての学科・専攻で留学を推奨しています。1年次終了前の春休みには、約3週間の海外実習を実施。10専攻語を擁する外国語学部では、学科・専攻独自のプログラムで、真の国際性とは何かを身をもって体験できます。


専攻語+英語 ともにレベルアップ

現実の社会生活で活用できるコミュニケーションの手段としての外国語運用能力の育成に主眼をおき、高度で実践的な専攻語の運用能力を養います。併せて、大学卒業時に多くの企業が求める英語を全学科の副専攻語と位置づけ、段階的なプログラムを通じて外国語学部生全員の英語力を大幅にレベルアップします。さらに、全学科で英語の教員免許状が取得可能です。


主体的な学習を実現するゼミ、
アクティブ・ラーニング型授業

学生自らが積極的に学ぶ、参加型・双方向型授業が中心です。少人数クラスで、専攻語によるディスカッションやプレゼンテーションも多く取り入れています。ネイティブスピーカーの教員による個性的なカリキュラムなど、外国語や外国文化に対する興味をよりいっそう深める環境が整っています。


ワンキャンパスだからできる語学だけではない総合的な学び

各自の興味・関心に応じて他学部の科目を履修することもできます。また、アジア言語学科には中国語、韓国語を対象とした司法通訳やコミュニティ通訳を目指す学部融合プログラムを用意しており、法学部生と切磋琢磨し、卒業後に即戦力となる知識と実力を蓄えることが可能です。ワンキャンパスならではの多様な学びの場が広がっているのです!

PAGE TOP