ボランティアとは?

ボランティアというと、どんなイメージをお持ちですか?

英語の「volunteer」には、ラテン語のvoluntas(自由意志)が語源といわれ、「自発的に申し出る、引き受ける」「義勇兵、志願兵」という意味があります。日本では「社会奉仕活動・慈善活動」のイメージが強いかもしれませんが、もともとの意味から考えると、自発的な行動から始まるものなのですね。

ボランティアセンターではボランティアを「楽しくできて、社会のためになること」ととらえています。ボランティアを続けている人たちから、「楽しいからやっている」という声をよく聞きます。人のため、社会のためにできることを楽しんでする。そこから得られる充実感"win-win"は、きっとかけがいのないものになるでしょう。あなたも『はじめの一歩』を、ボランティアセンターから踏み出してみませんか?

ボランティアプチ知識

一般に、以下の4つの特性を持つものが「ボランティア」だといわれています。

  1. 無償性
    収入や見返りを得る為のものではありません。
  2. 社会性
    個人的な目的の為ではなく、学びあい、支えあう活動です。
  3. 主体性
    自分から「したい!」と思ったことを始めよう。
  4. 創造性
    いま何が求められているのか?新しいことを始めてみませんか?
PAGE TOP