教員紹介吉田 和彦

戻る

吉田 和彦YOSHIDA KAZUHIKO

外国語学部 アジア言語学科 日本語・コミュニケーション専攻 教授

学位
Ph.D. コーネル大学
専門分野
印欧語比較言語学、歴史言語学、一般言語学

研究テーマ

印欧系諸言語(インド・イラン、ギリシア、イタリック、ゲルマン、ケルト、バルト、スラブ、トカラ、アナトリアなどの語派に属する)は、東は中央アジア、西はアイルランドにいたる広大な地域で話されていました。これらの言語がそれぞれ分岐する以前の共通の祖先、いわゆる印欧祖語がどのような姿をしていたのかという問題に関心を抱いています。そして、紀元前二千年紀に遡る古い文献記録を持つヒッタイト語に代表される古代アナトリアの諸言語が、この問題の解明に向けてきわめて重要な鍵を担っているため、アナトリア諸語を中心に据えた比較言語学的研究を現在進めています。

担当科目

言語学概論I・II、日本語文法I・II、専門セミナーI・II、対照言語学、ことば学入門、アジアの言語

プロフィール

13年間、学生時代を過ごしました(京都大学学部・大学院9年+コーネル大学大学院4年)。特に若いときに世界のさまざまな国の知己を得たことは生涯の宝になっています。言語学の研究・教育にたずさわっていますが、言葉にかかわる問題全般に興味があります。学生のみなさんが関心を持ったテーマが実を結ぶように、ともに学び合っていきたいと思います。研究面では、世界の研究者との交流を通して、学術の高度化に努めています。

学生へのメッセージ

まわりに左右されず、自らが主体的に物事を考える習慣を身に付けるようにして欲しいと思います。自分の意見を持つことは、思考能力・分析能力の涵養に繋がります。

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP