教員紹介八塩 裕之

戻る

八塩 裕之YASHIO HIROYUKI

経済学部 教授

学位
博士(経済学)(一橋大学)
専門分野
財政学、租税論

研究テーマ

「税が経済に及ぼす影響に関する実態分析」
日本は今後、高齢化の進展に伴い、国や地方自治体による年金や医療・介護の支出が大きく増加します。その財源確保を今から進める必要があり、近年、消費税や所得税の増税が議論されています。しかし一方で、増税すると生活困窮者の負担が増えたり、景気に悪影響を及ぼすといった問題もあります。これらの問題を考えた場合、税制改革をどう進めるべきか。こうした視点から、日本の税制のデータ分析や海外との制度比較研究などを行っています。

担当科目

財政学A・B、経済データ処理実習、ゼミなど

ゼミテーマ

「日本の財政・経済政策について考える」

プロフィール

出身は埼玉県ですが、大学生時代の4年間を京都で過ごして以来、京都はなじみの町です。あまり時間がとれず、ほとんど市内をまわれていないのが残念です。自転車であちらこちらと出かけていた昔が懐かしいです。ただ、店や繁華街の様子などは当時から相当変わってしまっており、時間の流れを感じることも多いです・・。

学生へのメッセージ

(・・・少し硬いメッセージですが・・・)今後、高齢化やグローバル化で社会は大きく変わります。それに対応して、税制に限らず既存の諸制度も大きく変える必要がありますが、若い皆さんは必然的にその影響を大きく受けることになります。ぜひ、社会の制度変化や身の回りのニュースなどには関心を持ってほしいと思います。また、将来に向けた準備(大学の勉強だけではないですね)を少しずつでも進めて、有意義な学生生活を送ってください。

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP