ボランティア保険について/
ボランティア活動に関わる助成金について

ボランティア保険について

活動先で物を壊してしまった!相手に怪我をさせてしまった!
自分がケガをしてしまった!
ボランティアといえども、事故にあう可能性や、責任を問われることもあります。
そんな時のために、ボランティア保険に入ることをおすすめします。
ボランティア保険は以下の内容を保障するものです。

  1. 活動中ボランティア自身が被った傷害に対する保障「傷害保険」
  2. 活動中に第三者に損害を与え、法律上損害賠償責任を負った場合の「賠償責任保険」
  3. 活動中の不慮の事故に対する「死亡見舞金」
  4. 活動中にボランティアの日常生活品が偶然破損してしまった場合の保障「活動形態品保障」

 活動と同時に団体側の負担で加入する場合もありますし、個人で加入しなければならない場合もありますので、参加団体に確認しましょう。一度加入するとその年度の3月末まで有効です。また、複数の団体で活動していても、加入は1度でかまいません。

ボランティア活動に関わる助成金について

ボランティア団体などの活動資金は、寄付や会費、収益のほかにも「助成金」によって得ることがあります。助成金とは、行政や企業が、社会貢献のために活動している団体に対して、資金を提供するものです。活動内容や実績の審査がありますが、活動を充実させるのにとても有効な手段です。本学にも、助成金を得て活動を広げているボランティアサークルがあります。さまざまな助成金がありますので、詳しく知りたい方は、ボランティアセンターまでお問合せください。
PAGE TOP