Admissions 入試情報

次世代型リーダー選抜入試

  

趣旨

現代社会学部では、他者と積極的に協働しながら、現代社会における複雑、多様な課題を解決し、人々の幸福に寄与する次世代型リーダー育成を教育目標に掲げています。 このような次世代型リーダーには、基礎学力のみならず、探求力、対話力、調整力など、様々な経験を通して身につけられた実践的な能力や資質が求められます。また、自分自身の個性や才能を知り、それらを最大限に発揮し、生かしながら、様々なことに挑戦していく意欲が求められます。 そこで、本入試では、将来、次世代型リーダーとして活躍が期待できる多様な人材を選抜する目的で、基礎学力に加え、「経験を通して身につけた実践的な能力や資質」あるいは「個性・才能を生かして獲得した優れた成果や業績」を積極的に評価します。

入試概要

試験地

京都(本学)
  

募集学部

現代社会学部

求める具体的な学生像

本入試では、基礎学力に加え、次世代型リーダーとして、他者と積極的に協働しながら社会の課題解決に対し挑戦する意欲を持っている者を求めます。その上で次のいずれかに該当する者の入学を求めます。

学内外の活動において、リーダーシップを発揮した経験を持ち、入学後にその経験を生かし、リーダーシップを発揮する意欲のある者
また、現代社会学部の実施する正課内外での様々な活動に積極的に取り組む意欲のある者
スポーツ、パラスポーツ、文化芸術、その他の活動で優れた成果や業績をもち、入学後にその経験を生かし、リーダーシップを発揮する意欲のある者、または、主務、マネージャー、学生コーチやアナリスト、組織・団体のサポート・マネジメント(審判員や競技役員)等、組織の代表者としてではなくとも、優れた活動成果を得るために積極的に課題発見や解決に向けた経験をもち(個別のアスリート専属のサポート経験は除く)、入学後にその経験を生かし、リーダーシップを発揮する意欲のある者
また、現代社会学部の実施する正課内外での様々な活動に積極的に取り組む意欲のある者

※①、②共通:活動例は、本学Webサイト大学案内(PDF)で確認をしてください。

出願資格・出願要件

(1)
高等学校または中等教育学校を卒業した者および2025年3月31日までに卒業見込みの者
(2)
通常の課程による12年の学校教育を修了した者および2025年3月31日までに修了見込みの者
(3)
学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者および2025年3月31日までにこれに該当する見込みの者

入学試験要項・出願書類ダウンロード

特に定めている出願要件

出願書類

選考内容・時間/判定方法