教員紹介竹内 茂夫

戻る

竹内 茂夫TAKEUCHI SHIGEO

文化学部 国際文化学科 准教授

学位
文学修士(言語学)(筑波大学),文学修士(京都産業大学)
専門分野
旧約聖書ヘブライ語を中心としたセム語学,旧約聖書学,初期バロック音楽

研究テーマ

  • 旧約聖書の音楽に関する様々な用語や朗唱記号
  • 言語学から見た旧約聖書ヘブライ語の文法
  • リコーダーの歴史と時代様式に応じた演奏の実践
  • 初期バロック(特に17世紀イタリア)の演奏様式
  • 17世紀のバロック・ギターの曲と演奏方法

担当科目

音楽文化論,歴史文化基礎演習,歴史文化演習I,II

プロフィール

愛知県生まれで,本学の外国語学部言語学科言語学専修(今はない)出身です。小さい頃から様々な言語に興味があったので,言語学を専門的に学ぶことにしました。一方で音楽も大好きで,バンドでベースやギターや鍵盤楽器を弾いていましたし,教会の聖歌隊の指揮者を今もしています。高校の吹奏楽部の先輩から誘われたリコーダーのアンサンブルをきっかけに,リコーダーをずっと続けて演奏活動もしています。その頃から18世紀以前の「古楽」を聴くようになり,今では講義や演習(通称「笛ゼミ」)でも教えています。ギターも「バロック・ギター」という楽器に出会って以来,その楽器でしか弾けない17〜18世紀の様々な地域の様々な曲を弾いています。

学生へのメッセージ

今のJ-POPやクラシックで使われている音楽用語や5線譜などの起源は,突き詰めれば中世ヨーロッパにさかのぼります。その頃の楽譜に残っているのは知識層だったキリスト教の凝った宗教曲ですが,庶民の切ないラヴソングや楽器だけの楽しい曲もたくさん演奏されていたことは絵画からわかります。もちろんそれ以前の古代ギリシア,さらにはエジプトやメソポタミアでも様々な音楽活動が描かれています。中でも,旧約聖書にはたくさんの歌がありますし(男女のラヴソングも!),ヘブライ語の原文にはどう唱えられていたかという記号も記されています。音楽の歴史を学ぶことで,様々な時代に,様々な地域の人が,様々な言葉を使った音楽で人生を豊かにしていたことがわかります。そんなことを「笛ゼミ」で学んでみませんか?

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP