教員紹介マレス エマニュエル

戻る

マレス エマニュエル MARES EMMANUEL

文化学部 京都文化学科 准教授

学位
博士(工学)(京都工芸繊維大学)Ph.D (Technology) Kyoto Institute of Technology
専門分野
日本建築史・日本庭園史 Japanese architecture and gardens history

プロフィール

1978年、フランス出身。2002年にフランス国立東洋言語文化研究所(INALCO)の文学部修士課程を修了し、2006年に京都工芸繊維大学の大学院博士後期課程を修了しました。卒業してからは出版社の編集者として、またフランス国立東洋アジア文化研究所(CRCAO)、京都の総合地球環境学研究所、奈良文化財研究所の研究員として、日本文化、とりわけ日本庭園史の研究を進めてきました。
そもそも、なぜ日本に興味をもったのか、なぜ日本語と日本文化を勉強したのか、などとよく訊かれます。じつは、高校を卒業した時に得意分野が特になかったので、大学ではそれまでにやったことがない科目を選んだだけです。もちろん、子供の時に見ていたアニメや漫画、また中学校の時に始めた合気道の影響は否めないが、日本庭園史について研究することになるなんて、想像もつきませんでした。振り返ってみると、本当に不思議な経緯だと思いますが、未知の世界に導かれることこそ、研究の醍醐味なのではないでしょうか。

Born in France, in 1978. After completed a master degree in 2002 at the National Institute for Oriental Languages and Civilizations in Paris, I took my Ph.D. at the Kyoto Institute of Technology in 2006. Since then, I have been working on Japanese gardens history as an editor, and as a research fellow at the East Asian Civilizations Research Center in Paris, the Research Institute for Humanity and Nature in Kyoto and the Nara National Research Institute for Cultural Properties.
I’m very often ask the following questions: Why did you get interested in Japan? Why did you start learning Japanese language and Japanese culture? When I graduated high school, I did not had any particular strong subject so I choose to start something completely new from university. Of course, this choice may have been influenced by all the Japanese animation and manga I was looking at when I was a kid and also by the practice of aikido I started when I get in junior high school. But I could not imagine that one day, I will be working on Japanese architecture and gardens history ! When I look back, it seems to be a very mysterious process but discovering new fields and unknown world, isn’t it the true pleasure of doing research ?

研究テーマ

主な研究テーマは日本庭園の歴史です。しかし、特定の時代や様式、または一人の作者や一つの名園について研究しているわけではありません。20世紀の歴史家や作庭家などが「日本庭園」をどのように解釈して、その歴史をどのように編纂したのか、また歴史的な庭園をどう整備したのかなどに興味があります。言い換えれば、それは日本庭園史という学問の歴史です。その中でも歴史家であり、また作庭家でもあった森蘊(もり・おさむ、1905-1988)に焦点を当てています。
最近は海外の日本庭園についても考察を深めています。日本庭園は外国でどのように理解され、どのように導入されてきたのか。また、どのように維持していけるのか。日本庭園の原点と未来について考えるきっかけです。
日本庭園と言われると、自分の日常生活とは切り離されたものをイメージする人も多いかもしれませんが、古代から現代に至るまでの人間と自然の関係を理解するための貴重な空間です。日本庭園を出発点に、文化と自然、さらに地球環境問題にまで視野を広げて、研究を進めています。

My main research theme is Japanese gardens history. But it does not mean that I am working on a specific period or style, one creator or one famous garden. I’m interested to know how did the historians and landscape designers of the 20th century have been thinking and writing about “Japanese gardens”. In other words, I’m working on the historiography of Japanese gardens. More precisely, I’m focusing on the historian and landscape designer Osamu Mori.
Recently, I’ve been thinking about the Japanese gardens created abroad. How did the Japanese gardens have been understood and introduce outside Japan ? It is a good opportunity to think about the origin and the future of Japanese gardens.
When you think about Japanese gardens, it may seems to be something totally separated from your everyday life but it’s actually a precious space to think about the society and the nature we are living in today. From the small space of the garden I always broaden my perspective to the relation between nature and culture or global environment issues.

研究活動・教育活動

【単著、共著、論文など】
  • (編集)岡本洋子(著)『Out of the World 武道は世界を駆けめぐる』あいり出版、2019年(192頁)
  • (共著)「日本庭園とグリーンインフラ:相反か、相補性か」『グリーンインフラによる都市景観の創造—金沢からの「問い」』公人の友社2019年(74-86頁)
  • (論文)「画家クロード・モネの庭をめぐる考察—フランスの日本庭園、日本のフランス庭園」小野研吉(編)『観光資源としての庭園(2) 平成28年度および平成29年度「観光資源としての庭園」に関する研究会報告書』2018年(151-177頁)
  • (論文)「小堀遠州の庭—歴史と伝説の合間から—」『野村美術館研究紀要 第26号』2017年3月(54-70頁)
  • (論文)「重森三玲と森蘊の庭園観—小堀遠州の伝記を通して—」『日本庭園学会誌 第28号』2014年3月(11-21頁)
  • (単著)『縁側から庭へ フランスからの京都回顧録』あいり出版、2014年(139頁)
【和英シリーズ『京の庭の巨匠たち』の編集】
  • 重森三光(著)『重森三玲II 自然の石に永遠の生命と美を贈る』京都通信社、2010年(120頁)
  • SHIGEMORI Mitsuaki (author), Shigemori Mirei part II The Artistic Universe of Stone Gardens, Kyoto Tsushinsha, August 2010, 120 pages
  • 野村勘治(監修)『小堀遠州 気品と静寂が貫く綺麗さびの庭』京都通信社、2008年(120頁)
  • NOMURA Kanji (dir.), Kobori Enshū A Tea Master’s Harmonic Brilliance, Kyoto Tsushinsha, September 2008, 120 pages
  • 白幡洋三郎(監修)『植治 手を加えた自然にこそ自然がある』京都通信社、2008年(120頁)
  • SHIRAHATA Yozaburo (dir.), Ueji The Genius of Stone and Water, Kyoto Tsushinsha, May 2008, 120 pages
  • 重森埶氐(監修)『重森三玲 永遠のモダンを求め続けたアヴァンギャルド』京都通信社、2007年(120頁)
  • SHIGEMORI Geite (dir), Shigemori Mirei Creator of Spiritual Spaces, Kyoto Tsushinsha, September 2007, 120 pages
【ドキュメンタリー映画の企画と制作】
  • 『昭和の作庭記—森蘊の足跡を辿る』(60分/日本/2019/日本語)澤崎賢一(監督)、エマニュエル・マレス(企画・制作)。2019年6月16日、日本庭園学会全国大会にて初公開(予定)。
  • 『動いている庭』(85分/日本・フランス/2016/日本語、フランス語の字幕付)澤崎賢一(監督)、山内朋樹(アドバイザー)、エマニュエル・マレス(企画・制作)。2016 年 2月13日、第 8回恵比寿映像祭にて初公開。上映会やトークイベントを順次開催。
【学会の活動】
  • 2013年より    日本庭園学会(理事・学会渉外委員会委員)

担当科目

英語で読む日本社会(上級)、京都文化特論Ⅺ、京都文化フィールド演習、英語で京都文化Ⅲ、京都の庭園
<科目の詳細はシラバス検索より>

学生へのメッセージ

大学に入ったら、突然選択肢が増え、可能性も一気に広がっていきます。夢が膨らむ一方、悩みも尽きない時期ですね。それでいいと思います。大学にいる間はたくさんの夢をみて、思い切って悩めばいいのです。いろんなことを学び、いろんなことを経験しながら、自分がやりたいこと、やりがいを感じることを探してみてください。失敗を恐れずに、何でも精一杯やりましょう。
京都には数え切れないほどの庭があります。「百聞は一見に如かず」という諺にもあるように、京都産業大学にいる間はできるだけたくさんの庭を見に行ってください。しかし、眼で見るだけではなく、他の感覚もすまして欲しいのです。全身全霊で体験してみてください。
庭を通して、京都の文化と自然について一緒に勉強してみませんか。

When you get in the university, choices increase and possibilities are widen. But as dreams grow bigger, worries also deepen. That’s fine : university is the place where you can make big dreams and worry. Try to find what you want to do and what you feel rewarding through learning and making new experiences as much as you can. Don’t be afraid to make mistakes, just do your best.
The gardens of Kyoto are countless and as the proverb says, seeing is believing, so while you are in Kyoto Sangyo University, try to visit as much gardens as you can. But don’t simply look at them, try to experience them with all your senses. It’s a full body experience.
Through the gardens, let’s study together the relation between nature and Kyoto culture.

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP