教員紹介松高 政

戻る

松高 政MATSUTAKA MASASHI

経営学部 准教授

学位
経営学修士(法政大学)
専門分野
学校から職業への移行、若年層のキャリア形成・職業能力開発、産学協働教育

研究テーマ

「高等教育における産学協働教育のあり方に関する比較研究」
若者の学校から職業への移行をめぐる変化とそれの対応のあり方について、働き方をめぐる諸問題、海外の実態と変遷などから、今日の若者が置かれている状況を構造的に研究しています。わが国では「教育-若者-仕事」という3者の結びつきにさまざまな課題があります。その最大な課題は、教育に「職業的な意義(レリバンス)」をいかに回復させるかということです。その解決策としてキャリア教育が行われていますが、十分に機能しているとはいえません。多様な学生が混在する中で、どのようにして社会に出るために必要な知識・技能・態度を身につけさせるのか、現在の大学が問われている課題です。

担当科目

マネジメント特講「キャリア開発」

プロフィール

埼玉県の浦和(さいたま市)出身です。浦和は「サッカーの街」として知られJリーグの浦和レッズの本拠地です。浦和レッズに限らず、国内外のサッカーを見るのが大好きです。私自身は、中高大とずっとソフトテニスをしてきました。今でも現役プレーヤー!?としてやっています。飲んだり、食べたりも大好きで、その成果として体重が増加傾向にあるのですが、スポーツを通して20代の体型を目指して日夜頑張っています!!

学生へのメッセージ

本学には、磨けば光る可能性を持った学生がたくさんいます。しかし、その可能性を磨かないままの学生もいます。とてももったいないことです。成功の反対は、失敗ではありません。成功の反対は、何もしないことです。何もしなければ、成功も失敗もないのです。「できるか、できないか」よりも「やりたいのか、やりたくないのか」、その気持ちを大事にして、大学時代に多くのことにチャレンジし、経験し、学んで欲しいと思います。そうすれば、皆さんの可能性が大きく育っていくはずです。 

ゼミの紹介

「若者と仕事」というテーマを通して、コンセプトワーク、チームワーク、フィールドワークという3 つのワークに取り組み、仕事で求められる実践力を身に付けてもらいます。「ゼミ=組織(企業)」、「活動=仕事」と捉え、担当教員とゼミ生は「教師-学生」という関係だけではなく「上司-部下」の関係に広げ、ゼミ生が主体的に取り組むことにより、「組織をマネジメント」することの意味を体感し、自分の力としてもらっています。

出身大学および出身学部

法政大学   社会学部

出身大学院

法政大学大学院  社会科学研究科

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP