研究科長メッセージ

京都から、地域社会・国際社会の未来をつくる人材を

研究科長 井尻 香代子

平安京が京都盆地に建設されて以降、鴨川と桂川のほとりで1200年以上にわたって繰り返された四季の折々にあわせて、有形無形の文化が次々と生まれ、洗練され、継承されて、日本文化の要を形作ってきました。庶民の生活の場から寺社、宮廷までさまざまな社会で、食文化、工芸、文芸、芸能、宗教、儀礼、祭礼等が繊細に、優雅に、しかも合理的に発展し、今日まで伝承されてきたのは、ひとつの奇跡かもしれません。このような京都文化は、京都盆地という揺りかごの中で育まれた多様な文化複合体であり、その本質と同時に細部まで解き明かしたいという研究者を世界中から惹きつけてやみません。

本研究科では、歴史・文学の文献学的な学びと文化財・伝統産業の実学的な学びを中心に、京都文化という複合体を構成する視点・方法・知識を修得します。この調査・研究のプロセスをとおして、京都文化、ひいては日本文化の維持や発展を担う専門人材、地域社会や国際社会のなかで課題解決の現場に携わることのできる研究者や職業人を育成します。他に類のない本研究科で、京都文化学を専門とする多彩な教授陣とともに学んでみませんか。

PAGE TOP