国際文化学科プログラムについて

2019年度入学生よりスタートする国際文化学科の新カリキュラムでは、学生が主体的に卒業後の進路を考え、実現するためのプログラムが開設されます。
具体的には、「英語プログラム」をはじめ、国際貢献や文化政策に携わることを目的としたプログラムを立ち上げます。「総合文化コース」「地域文化コース」という2つのコースの枠組みを越えて編成されたこれらのプログラムは、学生一人一人が実社会を意識した学びを展開し、卒業後のキャリアに結びつけることを支援するものです。

英語プログラム

国際文化学科には様々な科目がありますが、特に英語力を高めたい場合には、英語や英語文化に関する科目を多く選んで集中的に学ぶことが効果的です。そこで、国際文化学科は、2019年度に「英語プログラム」を立ち上げ、英語や英語文化を専門的に学ぶ学生の支援を強化することになりました。希望する学生は1年次秋学期に「英語プログラム」に登録し、所定の単位の修得とTOEIC 730点以上のスコアの取得を目指します。この目標を達成した登録生には卒業時にプログラム修了証が与えられます。

こんな方におすすめ

  • 英語教員になりたい
  • 英語を使って仕事をしたい
  • 在学中あるいは卒業後に留学したい
  • 英語・英語圏文化・英語文学・英語教育などを本格的に学びたい

構成科目

「アメリカ文化論」、「アカデミック・リーディング」、「アカデミック・ライティング」、「アドバンスト・トイック」、「インターミディエイト・ライティング」、「インターミディエイト・コミュニケーション」、「メディア英語」、「ベーシック・スキルズ」、「アドバンスト・トフル」、「英語学概論」、「英語言語文化論」、「英語文学特論」、「英語文化講読(文学・芸術)」、「英語圏文化の基礎」、「英語文学論」、「英語文学作品研究」
PAGE TOP