教育研究上の目的と3つのポリシー

教育研究上の目的

高い専門性と,諸領域を横断する知識や能力,視点,あるいは経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)を結びつけ,イノベーションを通じて組織の発展・変革と社会の進化を促進する「統合的なマネジメント能力」を持つ人材を養成することを目的とする。

ディプロマ・ポリシー

経営学部マネジメント学科は,「高い専門性と,諸領域を横断する知識や能力,視点,あるいは経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)を結びつけ,イノベーションを通じて組織の発展・変革と社会の進化を促進する『統合的なマネジメント能力』を持つ人材」に必要となる,以下の素養を修得した者に卒業の認定及び「学士(経営学)」学位を授与します。

  1. ダイナミックな変化の渦中にある実社会に存在する様々な組織のミッションと役割を理解するため,国際性と創造性,多様性に強い関心を有し,社会思考,歴史思考,論理思考に基づき,事物の本質を洞察できる。
  2. 組織運営の様々な局面で発生する問題に対して異なる領域の知識を適切に統合しつつ,多面的に捉え,論理的思考力,問題発見・解決能力,コミュニケーション力等の汎用的技能を適切に駆使できる。
  3. 社会の様々な組織において,解決すべき問題を的確に認識し,実践的な問題解決能力を備えた「統合的なマネジメント能力」を発揮し,組織の新機軸を構想し,これを実行して組織をより良き方向へと導く実践力と行動力を備え,持続可能な社会創造・発展へ貢献できる。

カリキュラム・ポリシー

経営学部は、ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)に掲げる目標を達成するために、3学科それぞれの分野と関連する専門教育科目を開講しています。同時に、多様な進路希望にも柔軟に対応しうる幅広い教養を備えた人格を形成すべく、一拠点総合大学としての本学の利点を生かした学際的知識の修得が可能な教育課程の編成と履修支援の整備を目指します。また、少人数のアクティブ・ラーニング志向型授業である演習を、4年間にわたって充実させ活用することで、課題発見・調査解決能力、論理的・批判的思考力、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力の向上を図ります。
カリキュラム(教育課程)については、ナンバリングやカリキュラムマップ等を用いることで、カリキュラム(教育課程)の適正化を図っています。
教育内容、教育方法、学修成果の評価については、以下のように定めます。

1.教育内容

経営学部の専門教育科目では、「イントロダクトリー科目」、「インターミディエイト科目」、「アドバンスト科目」に区分して授業を開講し、ディプロマ・ポリシーにある目標に近づくために必要となる「マネジメント能力」を身につけることを目的とする指導を行います。
共通教育科目では、京都産業大学のカリキュラム・ポリシーで定めたとおり、「人間科学教育科目」、「言語教育科目」、「体育教育科目」、「キャリア形成支援教育科目」に区分して授業を開講し、ディプロマ・ポリシーにある目標に近づくために必要となる幅広い教養を身につけることを目的とする指導を行います。

2.教育方法

(1)講義

1年次
学部専門科目への導入教育としてのイントロダクトリー科目を配置し、経営諸科学に関する、また2 年次以降の学科選択の参考となる基本的な知識を修得します。

2年次
各学科に分かれることで、それぞれの学科の専門分野を系統的に学修し、3 年次以降のより高い専門知識の修得へ向けて、接続的な授業を中心に履修します。

3、4年次
より高い専門性に特化・配慮したアドバンスト科目を履修することにより、「マネジメント能力」を発揮するために不可欠な専門的知識を修得します。
また、現実の社会における最新の諸問題をテーマとしたマネジメント特講やケーススタディ等の科目を履修することにより、「マネジメント能力」を発揮する実践力の修得を促進します。
なお、各授業の時間内外において学生—教員間、そして教員間や教職員間の対話を促進する取り組みを行い、学生の意見・状況等を反映した授業運営を実施します。

(2)演習

1年次
大学教育への円滑な導入を図る少人数授業である「基礎セミナー」と、専門知識を修得する際に不可欠となる英語読解力を身につけるために「外書セミナー」を配置します。同時に少人数教育により、プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力、協調性、倫理性を身につけます。

2、3年次
少人数教育である「演習1、2」および「演習3、4」を履修することで、専門的知識、論理的な思考、判断力および学問的方法の基礎および倫理性を 修得することができます。

4年次
「演習5・6」において、学生生活の集大成である卒業論文を作成することにより、課題発見力、調査能力、論理的思考力が向上します。また、2・3年次から継続してきた、演習における個人指導および就職活動等の社会とのかかわりを体験することにより、多様化・複雑化する社会情勢および組織に柔軟に対応する能力、社会に貢献する態度および高い倫理性を養います。

3.学修成果の評価

各科目の学修成果の評価は、各科目のシラバスに定める成績評価方法により行います。

アドミッション・ポリシー

本学部マネジメント学科は、4年間の教育課程で全ての入学者が、高い専門性と、諸領域を横断する知識や能力、視点、あるいは経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)を結びつけ、イノベーションを通じて組織の発展・変革と社会の進化を促進する「統合的なマネジメント能力」を持った人材に成長できるように、次のような素養を持った学生を求めます。

  1. 入学までの学習を通して本学部が定める学力を有していること
  2. 本学部の学問分野、組織運営全般において必要とされるコミュニケーション能力、論理的思考、国際感覚、実務処理の知識及び専門知識等の素養を有していること
  3. 社会の変化と様々な組織内外の諸問題について強い関心を有していること

入学者選抜は、本学の学生受入れの方針(アドミッション・ポリシー)で定めたとおり、多様な方法を用いて実施します。特徴的な入学者選抜として、マネジメント力選抜入試、経営学部高大連携校推薦入試を実施します。

  • マネジメント力選抜入試においては、高校在学中に「マネジメント」に関連した経験や実績があり、経営学部で意欲的に学んで「統合的なマネジメント能力」を身につけ、その学びや進路が経営学部生の“ロールモデル”となりうる入学者を求めます。
  • 経営学部高大連携校推薦入試においては、入学後の学修に必要な基礎的学力及び論理的に思考し判断するための基礎的能力、及び、他人と適切に対話し交流することができる高いコミュニケーション能力を有するとともに、本学部主催の高大連携プログラムに取り組み、大学において学ぶことの意義を深く理解した上で、京都産業大学経営学部への入学を強く希望する入学者を求めます。
PAGE TOP