学部紹介

3つの学びの領域「ドメイン」から幅広く学修

マネジメントには多種多様な知識が必要で、扱う商品やサービス、所属する企業によっても求められる能力が異なります。マネジメント学科では「戦略と組織」「マーケティングとイノベーション」「アカウンタビリティとガバナンス」の3つのドメインを自由に行き来するスタイルで、個性と自分の「夢」「目標」に適した知識を身につけることができます。

一人ひとりのオリジナルカリキュラムを実現

3領域を組み合わせて学べますが、その組み合わせ方は学生の自由。1・2年次に広く学びながら、自分の専門を主体的に選択していきます。「将来起業したい」「グローバルに活躍したい」「商品開発に携わりたい」など、学生それぞれが描く「こんな特色を持ったビジネスパーソン」という将来像に沿った一人ひとりのオリジナルカリキュラムを実現できます。

Strategy & Organization [戦略と組織]

戦略と組織を体系的に学ぶ
社会のさまざまな組織の活動において、ヒト、モノ、カネ、情報を有効に活用するために必要な知識を学ぶ科目を、体系的に構成しています。

Marketing & Innovation [マーケティングとイノベーション]

製品・サービスづくりを学ぶ
市場や製品・サービスの革新を効果的に行うための管理手法と必要な知識を学ぶ科目を、体系的に構成しています。

Accountability & Governance [アカウンタビリティとガバナンス]

これからの企業のあり方を学ぶ
企業や組織が社会的責任を果たすための適正な資金運用や、経営計画の策定に必要な知識を学ぶ科目を、体系的に構成しています。

履修モデル

スキルを高めて会計や経理のプロを目指す

簿記や会計学を重点的に学修します。公認会計士や税理士の資格取得も目指せます。

銀行などの金融機関で働きたい

株式投資や資産運用など金融に関わる知識を学び、企業経営についても理解を深めます。

グローバルに学び世界中で仕事がしたい

3つのドメインから、グローバルな企業経営に関する授業をバランスよく履修します。

メーカーで商品開発に携わりたい

マーケティングをメインに、現代の商品開発に必要な事業戦略や原価管理なども学修します。

育った街を元気にする新しいビジネスを起こしたい

起業のノウハウを中心に、ビジネスを利用した社会的課題の解決方法まで幅広く学べます。

「人」に興味があるので、それを軸にやりたいことを見つけたい

「人」という視点から多面的に経営学を学修。3つのドメインから幅広く授業を受講します。

学びの特色

マネジメント能力を育成する多彩な科目を用意

リテラシー(知識を活用する能力)を養う科目

「マネジメント・リテラシーI・II・III」で経営学を学ぶ上で必要となる基礎的な能力を養うとともに、統合的なマネジメント能力の基盤となる「社会思考」「歴史思考」「論理思考」を身につけます。併せて専門的かつ実践的な学びを通して、プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力、批判的思考力などを身につけます。

グローバル・マインドを養う講義科目

国際会計や海外における経営の事例研究など、グローバル関連科目を豊富に開設し、グローバル・マインドを持った人材を育成します。知識だけではなく、実践形式のディベートにも積極的に取り組んでいきます。

インクルーシブ・ビジネス論

グローバル・ビジネスの理論や歴史を学ぶとともに、欧米の先進国だけでなく、成長著しい中国を含むアジア、さらにはBOP(Base of the Economic Pyramid)層におけるビジネスの実例にも触れることで、グローバルに経営を考える能力を身につけることができます。

[そのほかの科目]
  • 多国籍企業論
  • 外国経営史
  • 現代中国の企業と社会
  • 国際会計
  • マネジメント特講(東アジアにおける国際分業と競争)

など

問題解決力を養うケーススタディ科目

海外のビジネススクールやMBA課程が導入している実践的なケーススタディ、ケース分析、データ分析に関する科目を数多く開設。ビジネスにおける応用力と創造力、問題解決力を養うことができます。

経営戦略ケース分析

現実の企業の戦略行動に関するケーススタディの分析を行います。また、それらを議論することにより、実践的な戦略的思考力、論理的思考力を身につけることができます。

[そのほかの科目]
  • イノべーションマネジメント・ケース分析
  • べンチャービジネス・ケース分析
  • サプライチェーンマネジメント・ケース分析
  • コーポレート・コミュニケーション・ケース分析

など

実践経営会計教育研究会について

経営学部では,自らチャレンジ精神を持ち,将来の進路や考えながら頑張ろうとする学生を様々な面から専任教員がサポートする実践経営会計教育研究会(以下:実践研)があります。
実践研は、将来、経営の一線に立ち、社会や組織のリーダーとして活躍したい人、その目標を実現するための力を養いたい人、そのために「いま」を人より充実して過ごしたい人のために作り上げた「学びの場」です。それでは,本学部生のみなさんが,社会の第一線で通じる力を、課外活動を通じて身につけ体現することを目的にしています。実践研には2つの部会があります。1つは「アカウンティング部会」です。もう1つは「マネジメント部会」です。

アカウンティング部会

学生の皆さんの中には,就活や就職後の不安から何か「資格」を取得したいと思っている人が多いのではないでしょうか。また,そのために何から始めればいいのか分からない人も多いと思います。そんな思いを抱いている学生向けに,アカウンティング部会では,公認会計士や税理士,国税専門官といった会計専門職になるための資格取得の支援を提供しています。これらの資格は,決して合格は簡単ではありませんが,どれも経営の第一線で会計のプロフェッショナルとして活躍できる資格です。
当部会に所属する学生には,共同の勉強部屋が与えられ,そこで資格取得にいつでも専念でき,また,同じ志をもった学生が集まることで、やる気を更に高めることができます。より高度な資格取得に頑張る皆さんには,本学部の教員でありながら,公認会計士資格を持った先生方が勉強の方法や悩みに応えてくれるのも本部会の大きな魅力です。すでに,皆さんの先輩で公認会計士試験に現役合格した学生もいます。
是非一緒にチャレンジしたい人,あなたの夢を実現するためにアカウンティング部会で過ごしてみませんか!?まずは気軽に経営学部事務室にたずねてみてください。

担当教員 中田 謙司 教授(米・日公認会計士)
伊藤 正隆 准教授(公認会計士)

マネジメント部会

マネジメント部会では、高い挑戦意識をもって、社会でリーダーになることを目指す部会です。そのために、様々な体験と勉強を通じて、社会で通用するマネジメント力と素養を備えた人材育成を目的としています。具体的には、協調性とコミュニケーション能力はもちろんのこと、高度なプレゼンテーション力やビジネスに関する深い理解力を通じたマネジメント力を身につけることを目的としています。たとえば、大学行事やイベントへの積極的な参加や発表、ビジネスプラン・コンテスト、海外研修、起業家との対話、話題のトピックに関する研究などを経験することができ、自分の能力を伸ばすことができます。

マネジメント部会は、多様性に富んだ学生が協力しながら、様々な企画に挑戦することで、自らの成長を目指す部会です。しかし、単なる部活とは異なり、マネジメント、国際経営、財務・会計学など、多様な専門のバックグラウンドを持った複数の専任教員が、その成長の道を共にします。

特別に用意された部会部屋で、これらの活動に挑戦してみたい人は、参加を検討してみてください。詳しい内容を知りたい方は、まずは経営学部事務室を訪ねてみてください。マネジメント力選抜入試で入学した人は4月から活動がスタートします。

担当教員 久保 亮一 教授
行待 三輪 教授
古村 公久 准教授(公認会計士)
具 滋承 准教授

※実践経営会計教育研究会は第4研究室棟1階にそれぞれの部会室を用意しています。

PAGE TOP