卒業

1. 卒業要件

本学部に4年以上在学し、学部が定める教育課程により学修のうえ、科目区分毎に定められた必要単位数を含め124単位以上を修得しなければなりません。
科目区分毎に定められる必要単位数は入学年度毎に定められています。
入学年度毎の必要単位数は各年度毎の「履修規定」を確認してください。
休学の期間は在籍していても在学期間には含めません。
卒業判定は、第8セメスター生(休学している学生を除く)に対して行われます。

2. 卒業時期

卒業の時期は、秋学期末(3月)または春学期末(9月)です。

秋学期末(3月):
秋学期終了時において卒業要件を充足した場合、卒業とします。
卒業判定結果については、3月上旬に保証人宛に通知します。

春学期末(9月):
春学期終了時において卒業要件を充足した場合、卒業とします。
卒業判定結果については、9月上旬に保証人宛に通知します。

3. 卒業の延期

  1. ① 春学期に在学し、かつ卒業要件を充足した人が、諸般の事情により秋学期末(3月末)まで卒業の延期を願い出た場合は、これを認めます。ただし、秋学期の履修登録をすることとし、秋学期休学は認めません。
  2. ② 卒業の延期を希望する人は、指定された期日までに所定の願出書を学部事務室まで提出して許可を得なければなりません。
  3. ③ 卒業の延期が許可された人は、秋学期分の学費を納入してください。所定の期日までに学費が納入されない場合は、卒業延期の許可を取り消し、春学期末卒業とします。
    ※秋学期末(3月)卒業者の春学期末(9月)卒業延期はありません。
PAGE TOP