日本学生支援機構貸与奨学金

日本学生支援機構が実施している「貸与型(返還の必要がある)」の奨学金制度です。

詳細は日本学生支援機構HPをご確認ください。

新規出願を希望する方

1. 対象者

第一種奨学金(無利子)

家計基準…日本学生支援機構が定める基準を満たしていること。
学力基準…1年次生は高校が発行する「調査書」における評定平均値が【3.5以上】であること。
2年次生は前年度末時点での修得単位数が卒業要件科目取得単位数を満たしていること。

※住民税非課税世帯の方の成績基準はありません。

第二種奨学金(有利子)

家計基準…日本学生支援機構が定める基準を満たしていること。
学力基準…学修意欲があり、最短修業年限で学業を確実に修了できる見込があること。

 

これらの要件については、説明会時に具体的にご案内します。

2. 支援内容

第一種奨学金(無利子)

平成29年度以前入学者
自宅生…30,000円・54,000円
自宅外生…30,000円・54,000円・64,000円

平成30年度以降入学者

自宅生…20,000円・30,000円・40,000円・54,000円※1
自宅外生…20,000円・30,000円・40,000円・50,000円・64,000円※1

※1 各区分の最高月額は、生計維持者の収入によっては 貸与できない場合があります。

第二種奨学金(有利子)

20,000円~120,000円の1万円単位の中から選択

3. 出願について

令和3年度の募集は終了いたしました。令和4年度春学期の募集は、令和4年4月頃に案内予定です。

4. 備考

  1. 家計支持者の死亡、失業、疾病、離婚または災害等による家計急変の際は、募集時期を問わず、出願できます(事由発生後12ヵ月以内)。
  2. 第一種奨学金と日本学生支援機構給付奨学金を同時に受ける場合、第一種の貸与月額が調整されます。
  3. 採用後は、別途採用の手続きがございます。手続き時期が来ましたらPOSTでご案内します。

現在、貸与中の方

1. 奨学金継続願の提出(手続き必須)

奨学金の貸与を継続して受けるためには、年1回12月頃に、「スカラネット・パーソナル」を通して「奨学金継続願」を提出し、次年度も引き続き貸与するか否か申し出る必要があります。なお、「奨学金継続願」の提出を怠ると(故意でなくても)、奨学生としての身分を失います。手続き時期が来ましたらPOSTでご案内します。

2. 適格認定

「奨学金継続願」の提出が終わった後は、学業成績などを「適格認定基準」に基づいて審査し、奨学金継続の可否について判断する「適格認定」を実施します。学業成績(年次末時点での卒業要件科目修得単位数)が標準修得単位数に達しない場合は、「警告」、「停止」、「廃止(打切り)」のいずれかの処置を受けます。

3. 各種変更手続き

貸与金額の増額や減額もしくは異動(退学・休学・辞退)等があった場合は、必ず学生部(10号館1階)まで申し出てください。それぞれ所定用紙の提出が必要になります。

お問い合わせ先
学生部
gakusei-bu-kei@star.kyoto-su.ac.jp
対応時間:平日 9:00~16:30
(13:00~14:00除く)
PAGE TOP