実はスゴい!京産大

CAREER DESIGN  キャリアデザイン

就職の京産大 受け継がれる伝統

学生1人あたりの求人社数は、全国平均を大きく上回る4.84社(2021年3月卒業生実績)。そんな企業からの高い評価を支えるのが、産業界と密接に連携した「キャリア教育」と「進路・就職支援センター」の充実したサポート体制、そして、企業で活躍する卒業生が後輩たちを助ける「プラスの循環」です。長年のノウハウによる学生と企業のベストマッチングはもちろん、教員や公務員といった進路につながる資格取得もきめ細かくバックアップ。自分の夢に向かって進む、全ての学生たちを力強く支えます。

全国トップクラスのスタッフ数!

進路選択や就職活動を支える「進路・就職支援センター」は、全国屈指のスタッフ数(約45人)を誇ります。個別面談で「学生」の希望や課題を把握する一方、毎年約500社もの「企業」を訪問して業界の動向や求める人材をリサーチ。就職する学生、採用する企業、双方の満足を目指します。

全国トップクラスのスタッフ数!

進路選択や就職活動を支える「進路・就職支援センター」は、全国屈指のスタッフ数(約45人)を誇ります。個別面談で「学生」の希望や課題を把握する一方、毎年約500社もの「企業」を訪問して業界の動向や求める人材をリサーチ。就職する学生、採用する企業、双方の満足を目指します。

授業で「企業人」「社会人」修業

企業や行政機関から出された課題にチャレンジする「O/OCF-PBL」(実践指向型の課題解決型学習科目)を導入。グループワークを通して、人間関係構築力、課題解決スキル、主体性や社会性を高めるなど、社会で活躍するための素養を1・2年次のうちからしっかり磨きます。

内定ほやほやの先輩が熱血支援

内定を獲得した4年次生が、「学生就職アドバイザー」として3年次生の就職活動をサポート。個別面談に応じたり、模擬面接、先輩たちの体験談に触れるイベント「就活祭」を企画・開催したり、「先輩が後輩の就職活動を支える」本学の伝統を体現しています。

企業への提案を経験して、今の自分を見つめ直せました

「次世代の食品包装」という企業からの課題に応える授業で、再利用しやすいレトルトパッケージを提案。半年間、チームで毎日ミーティングを行い、精一杯の努力でプレゼン。実際に社会と向き合うことで、“自分の現在地”を再確認できる学びでした。

小菅 彩音 現代社会学部  現代社会学科 3年次小菅 彩音 現代社会学部  現代社会学科 3年次

Pickup Content

「都市」と「環境」の視点から見えてくること MANABI LINK あなたの好奇心は、学びとつながっている

PageTop