infoBox 参加者の体験談

CASE1

  1. 日本語教師アシスタント/日本語学校(ニュージーランド)
  2. キャリアセンタースタッフ/大学(カナダ)

 インターンシップを通して、北米と日本の教育の良い面も、改善すべき面も見えました。将来は、教育機関で働き、海外の教育の良いところを日本に取り入れ、日本の学生がより豊かで充実した学生生活を送れるよう、支援する仕事がしたいと考えています。このインターンシップを通して経験したことは、将来の仕事に必ず役に立つと信じて、同じフィールドである教育業界を目指し、今も精進していきます。

概要

 私は、二度、海外インターンシップに参加しました。一つ目のインターンシップは、ニュージーランドの高校での、日本語教師のアシスタントでした。二つ目は、カナダの大学のキャリアセンターでのインターンシップで、いずれも約1ヵ月の実習でした。どちらのインターンシップも、実際に海外で就業する前に、学内での事前学習やオリエンテーションで、必要な知識やスキルを学んでから実習に臨みました。

Background

I have experienced two internships. Before going abroad, I took the pre-internship course at Kyoto Sangyo and learnt the necessary knowledge and skills to work abroad. In my first internship, I worked for a high school in New Zealand as an assistant Japanese teacher, and then my second internship was in a co-op education department in a university in Canada.

きっかけ

 入学時から、英語を学内で学び、それを海外で活かせるような事をしてみたいと考えていました。そんな中、海外インターンシップの募集を見つけました。そして自分の英語力を活かし、海外で働くという、自分のやりたい事を実現できると考え、応募しました。

Motive

I had wanted to do something abroad to make use of my English ability since I entered university. I found the overseas internship program, thought I could achieve what I had wanted to do, and applied for it.

ニュージーランドでの経験

 ニュージーランドでは、ニュージーランド人の生徒の前で、一人で初めての授業を行いました。自分の英語のボキャブラリーや、母国語である日本語の知識の少なさに、反省することがありました。私は、英語力の不足をどう補っていくかを考えて、毎日予習復習を継続したり、他の先生の授業を見学して教え方を真似したり、お話しを伺ったりすることで改善しました。
 帰国が近づくにつれて、よりたくさんの生徒に声をかけてもらい、とてもうれしかったことや、上司の先生が上手な関西弁を話されたことに、びっくりしたことを今でも思い出します。現地は一年中を通して温かい気候で、また、のんびりしたKiwiの人たちと暮らしてみたいと思っています。

ニュージーランドでの日本語教師アシスタント

Experience in New Zealand

Amongst the many experiences I had in New Zealand, one of the most memorable ones was giving a Japanese lecture unsupervised for the first time in front of the Kiwi students. I realized I did not have either a large enough vocabulary in English or sufficient knowledge of my mother tongue, Japanese. I started taking notes about the Japanese lectures from that day. Everyday, I prepared for each lesson and reviewed the content afterwards, doing things like looking up useful English vocabulary for the next class. I also started observing other courses provided by other teachers so that I could gain some tips on how to talk to students and be clear in my explanations.
I still remember that I was very surprised at my boss’s fluent Kansai dialect on the first day, and I was so happy seeing more and more students recognize me and say hi to me as time went by. New Zealand had such nice weather every day and I would love to go back there again.

カナダでの経験

 カナダでの仕事内容は、マーケットリサーチと大学のインターンシップ生を派遣する企業の新規開拓という、今まで一度も経験したことがない分野でした。企業へのインターンシップ生受け入れの依頼は電話で行いましたが、途中で電話を切られてしまったり、思うような成果をあげられなかったりと、精神的につらい時期もありました。でも、自分で改善しなければだれも助けてくれない、一ヶ月という短い期間の中でどれだけ自分を励まし、追い込めるかが大事だと考え、考え付く改善点をあらゆる方法で見直しました。また先輩方と一緒にコーヒーを楽しんで、上手な息抜きの仕方も教わりました。
 この経験により、それまで学生気分だった自分から、社会人としての意識を持った自分になって帰国することができました。自分で考え、発言し、自分で解決するという、一見当たり前に見えるプロセスは、実はとても難しい事なのだと学びました。まだ学生であるうちにそれを経験することができ、私の大きな自信の一部になりました。

カナダ・インターンシップ先のオフィスにて

Experience in Canada

My tasks in Canada were conducting research on Canadian companies in Japan and Japanese companies, and enquiring about hiring interns from the University of Victoria, which I had never done before. I mostly did this over the phone, but I had a very hard time doing it because people often hung up the phone while I was talking. However, I had only a month and could not wait for someone to help me, so I did everything I could do to improve my weak points. Also, my colleagues talked to me a lot over coffee to encourage me. Through this experience, I changed from being a student to being a business person. Thinking by myself, expressing myself, and solving problems on my own looks so easy, but I found it very hard to actually do it in business. I became more confident in my abilities after experiencing this while I was a student.

Future plans

I discovered some good points and bad points of both the North American educational system and the Japanese one through these two internships. I would like to take advantage of my experience and work for an educational facility in the future to bring good ideas and practices from foreign countries to the Japanese educational system so as to help provide a better and more fulfilling student life for the youth in Japan. I am sure that these experiences will benefit me in my future job.


PAGE TOP