>> 会場へのアクセスの詳細はこちら

2002年から16年間、京都府知事を務められ、2011年から2018年3月まで全国知事会長を兼任された山田啓二氏。京都府知事として、教育の充実と文化振興に携わってこられた経験から文化の可能性、そして科学(技術)の可能性などをお話しいただきます。また、高校生が日頃の活動成果を紹介するポスターセッションも同時開催。知的好奇心を揺さぶるイベントに、是非ご参加ください。

京都産業大学 益川塾

2008年ノーベル物理学賞を受賞した益川敏英教授を塾頭に、自然科学系の若手研究者を受け入れ、研究活動の支援や科学の振興に寄与するための事業を行っています。

益川 敏英(ますかわ・としひで)(京都産業大学教授・益川塾塾頭)
理学博士。名古屋大学理学部卒業後、1967年、名古屋大学大学院理学研究科を修了。東京大学原子核研究所助教授、京都大学教授などを経て、2003年から京都産業大学教授。08年「クォークの世代数を予言する対称性の破れの起源の発見」で小林誠氏とノーベル物理学賞受賞。受賞を顕彰して設立された「益川塾」の塾頭を務める。

プログラム

13:35~14:15 基調講演(40分)

登壇者

山田 啓二(やまだ・けいじ) (京都産業大学学長補佐・法学部教授)
2002年から16年間、京都府知事を務められ、2011年から2018年3月まで全国知事会長を兼任。2018年4月より、京都産業大学学長補佐、法学部法政策学科教授に就任。座右の銘は「一期一会」「人生に無駄になることなんか何もない」

15:05~16:15 パネルディスカッション(70分)

「文化と科学、夢見るチカラ〜好きなことを続ける力をどう養うか〜

パネリスト

益川 敏英 
山田 啓二
河北 秀世(京都産業大学理学部長、教授・神山天文台長)

コーディネーター

脇浜 紀子(京都産業大学現代社会学部教授・元読売テレビアナウンサー)

※プログラムは変更となる場合がございます

ポスターセッション

12:30~13:30/14:15~14:50

高校生が、日頃の研究成果を披露。宇宙にとどまらず、理系全般、様々なテーマで発表いただきます。

申込方法

①代表者の〒住所②氏名③電話番号④eメールアドレス⑤職業(学生の方は学年)⑥参加人数を明記の上、下記のいずれかの方法でお申し込みください。

はがき

〒550-0012
大阪市西区立売堀1-8-6 星和シティビル本町西7階
「益川塾シンポジウム」係

FAX

06-6537-1410
※「益川塾参加希望」と必ず明記してください

WEB

下記フォームよりお申込みください。

※応募多数の場合は抽選となります。当選発表は参加証の発送をもって代えさせていただきます
※応募に関する個人情報は、本件以外には使用しません

>> 応募はこちらから
締め切り 2018年11月25日(日)
―はがき・FAXの場合は必着―

Aポスターセッション出展

益川教授らに活動成果を見てもらうチャンス!

B高校教諭・益川教授との特別セッション

教員の方からの質問に益川教授が答えます。

【お問い合わせは事務局まで。締め切り:2018年11月25日(日)】