過去の紀要

第23巻

講演
フランスの反アメリカニズム:歴史的な展開 フィリップ・ロジェ (1)
論文
イタリアの反アメリカニズム:国民意識の問題として ヴルピッタ・ロマノ (35)
帝国支配のかたち:現代アメリカと大英帝国 木村 雅昭 (105)
ハート/ネグリの『帝国』とアメリカニズム 植村 和秀 (129)
トーマス・マンとアメリカ 髙山 秀三 (143)
研究ノート
現代ロシアにおける反アメリカニズム:A.パナーリンのグローバリズム批判をめぐって 広岡 正久 (165)
現代ドイツにおけるアメリカニズムの受容:カール・ハインツ・ボーラーによるドイツ政治文化批評 川合 全弘 (181)
慣習国際人道法を巡る米国と赤十字国際委員会との解釈の対立 岩 本誠吾 (197)
資料
戦争の道徳的正当化に関する期待はずれの対話 M. フーブリヒト (217)

第22巻

特集:京都産業大学世界問題研究所主催 京都産業大学創立40周年記念シンポジウム
「アメリカニズムとヨーロッパ:西洋文明の岐路と東アジアの将来」

挨拶
所長挨拶 ヴルピッタ・ロマノ (3)
学長挨拶 坂井 東洋男 (5)
講演
アメリカニズムとヨーロッパ:西洋の分裂と東アジアの未来 ハウケ・ブルンクホルスト (7)
アメリカニズムと反アメリカニズム:ヨーロッパの立場 マッシモ・フィニ (27)
閉会の言葉 M. フーブリヒト (43)
パネル・ディスカッション
世界市場におけるアメリカニズム ブラッドリー・K・エドミスター (47)
「共通価値観」から「東アジア共通価値観」へ 朱建栄 (55)
2つの報告を聞いて 三島 憲一 (59)
韓国ならびに東アジアからの視点 宋錫源 (65)
アメリカ主導のグローバリゼーションにおけるヨーロッパと東アジアの存在価値 セーサー・デ・プラード・イェペス (68)
宗教国家アメリカの欧州観 波津 博明 (74)
コメントに対する講演者の回答 (81)
パネル・ディスカッション (87)
所長あとがき
シンポジウムを省みて ヴルピッタ・ロマノ (113)

第21巻

論文
「ドイツ」概念のヨーロッパ的変容:「ヨーロッパ人」の参政権問題との関連から 植村和秀 (1)
日中米<三角関係>の歴史政治学的考察(1) 溝部 英章 (19)
日米知協定の見直し交渉過程覚書:公務外犯罪における米兵容疑者の身柄引き渡しを巡って 岩本 誠吾 (43)
ライシテは破綻したのか? 中谷 真憲 (57)
韓国の反米主義の起源と決定要因に関する考察 朴 勝俊 (71)
ドーマス・マン『非政治的人間の考察』における東方とアメリカ 髙山 秀三 (81)
全仏教の伝統からみた京都学派:禅の十牛図から京都学派の「場所論」へ 森 哲郎 (105)
翻訳
カスパール・ルネ・グレゴリィ(エルンスト・ユンガー著) 川合 全弘 (123)
民主的法治国家:矛盾し合う原理のパラドックスな結合? M.フーブリヒト (141)
懸賞論文
国際貢献と日本の役割 佐々木 耕 (155)

第20巻

巻頭言 須藤眞志 (1)
特別寄稿
国際紛争と国連の役割 明石 康 (5)
論文
合衆国憲法修正箇条とジムクロウ法 吉田 義法 (27)
グラスノスチ政策と政治的対立の発現 河原地 英武 (53)
二つのポーランド:イェドバブネからEUまで 松川 克彦 (69)
国際社会における人権と安全保障 田中 義晧 (77)
イラク戦争と国際法 丸山 珠里 (85)
2002年夏にとられた北朝鮮経済の新たな措置 後藤 富士男 (89)
米国テロ事件以後の世界 須藤 眞志 (97)
研究ノート
イスラエルにおけるパレスチナ系住民の地位 北澤 義之 (105)
中国の人権:国権がなお最優先 小島 朋之 (119)

第20巻

巻頭言 須藤 眞志 (1)
特別寄稿
国際紛争と国連の役割 明石 康 (5)
論文
合衆国憲法修正箇条とジムクロウ法 吉田 義法 (27)
グラスノスチ政策と政治的対立の発現 河原地 英武 (53)
二つのポーランド:イェドバブネからEUまで 松川 克彦 (69)
国際社会における人権と安全保障 田中 義晧 (77)
イラク戦争と国際法 丸山 珠里 (85)
2002年夏にとられた北朝鮮経済の新たな措置 後藤 富士男 (89)
米国テロ事件以後の世界 須藤 眞志 (97)
研究ノート
イスラエルにおけるパレスチナ系住民の地位 北澤 義之 (105)
中国の人権:国権がなお最優先 小島 朋之 (119)

第19巻(2000)

論文
文明論と日本:シュペングラーとトインビー 間宮 茂樹 (1)
平泉澄の不惑について 植村 和秀 (50)
バーサルヴァジュニャによる唯識学派の認識対象非実在論批判 山上證道 (85)
京都学派の「歴史哲学」:『世界史の理論』における思索共同 森 哲郎 (162)
研究ノート
イブン・アージュッルーム(14世紀)の文法書について 山本 啓二 (99)
あとがき (163)
世界問題研究所刊行 紀要および所報 総目録

第18巻(1999)

論文
無についての一考察:ハイデッガー『形而上とは何か』を中心に 中山 一萱 (1)
The Political Climate, Politics, and Statesmen in Japan 間宮 茂樹 (27)
バーサルヴァジュニャによる仏教唯識学派の多様・不二論批判 山上 證道 (55)
中国のWTO加盟と外資直接投資 八木 三木男 (66)
シェリングの『自由論』における「自由」の表現性と「無底」 森 哲郎 (114)

第17巻(1998:特集号)新世紀への期待と逡巡:アジアの国際的課題

論文
国際政治の理論を考える:意志政治論再考 間宮 茂樹 (1)
文化の未来:われわれは21世紀世代に何が残せるか 水田 和生 (50)
中国のFDI政策 八木 三木男 (86)
反目と融和:インド亜大陸におけるヒンドゥー教徒イスラーム教の交流 山上 證道 (123)
東亜に於けるグローバリゼーションとリージョナリゼーション ロマノ・ヴルピッタ (146)
現代世界における『十牛図』の可能性:<アジアの国際的課題>としての「行」の創造的継承 森 哲郎 (220)

特別号(1998)特定共同研究「世界秩序の転形期における国民国家:比較政治学的考察」

謝辞 小平修
序論
比較政治学的考察のための序論 小平 修 (1)
日本
国民国家・日本の世紀末危機 溝部英章 (9)
日本における国民国家の変容 アリステア・D・スウェール (37)
中国
中華民国期の「国民国家」思想 楊天石 (83)
中国における諸民族統合の課題:辛亥革命期の論争を中心に 江田 憲治 (101)
インド
インドにおける地域主義:その過去と現在 木村 雅昭 (131)
国民国家に関する日印学生意識の比較分析 小平 修 (155)
ロシア
ウクライナと西欧 オリガ・アレクサンドローヴァ (189)
ロシアにおける国家と民族:歴史的、政治文化的考察 廣岡 正久 (215)
ロシア連邦における諸民族のロシア語化 北上 光志 (241)
新しいロシアのアイデンティティ コンスタンチン・サルキソフ (273)
ドイツ
ドイツ戦後政治に対する右からの批判:アルミン・モーラーの政治評論 川合 全弘 (303)
世界秩序の転形期における国民国家:ドイツの場合 ヘルムート・クヴァーリチュ (339)
ヨーロッパのエスノ・ナショナリズム;災厄か統合の必須条件か? ゲルハルト・ジーモン (389)
「ネイション」への問いとその実践的意義:学問、ヴィッセンシャフト、公共性 植村 和秀 (403)
ゲオルギー・ゲオルギエヴィチ・スヴィリドフ氏の逝去を悼む 廣岡 正久 (429)
執筆者紹介

第16巻(1998)

論文
古代教会典礼の視点から見た殉教者崇拝 佐藤 吉昭 (1)
西田哲学における宗教と自己 中山 一萱 (27)
現代政治家論 間宮 茂樹 (50)
Nyayabhusanaの研究(13) : 疑い(samsaya)の考察 山上 證道 (123)
制度派経済学によるラテンアメリカ研究 八木 三木男 (159)

第15巻(1996)

論文
『東アジア経済の奇跡』のア持続可能性 八木 三木男 (1)
Nyayabhusanaの研究(12):著作の目的・意義をめぐって 山上 證道 (27)
西谷啓治における<宗教と現代世界> 森 哲郎 (136)
研究ノート
文化的パラダイムシフト:グローバルカルチャー:理論のための研究ノート 水田 和生 (48)

第14巻(1994・1995)

論文
古代教会殉教研究の方法論的史観をめぐって:
Dorothea Wendebourgの古代キリスト教殉教研究の検討
佐藤 吉昭 (1)
哲学の宗教的自覚について 中山 一萱 (35)
現代日本外交論 間宮 茂樹 (58)
シェリングの『世代』における世界経験について 森 哲郎 (80)
古代インドの原子論 山上 證道 (111)
「コー円卓会議・企業行動の指針」にみる“共生”と日本的経営への期待と逡巡 堀内 俊洋 (136)

第13巻(1993)

論文
キプリアヌスにおける聖餐論の展開
古代キリスト教における初期カトリシズムの成立をめぐって(3):
教義史上でのキプリアヌスの聖餐論の果たした意義と役割
佐藤 吉昭 (1)
2財3要素の生産構造 寺町 信雄 (37)
変容する日本文化のアイデンティティ:
野球とベースボールの関係からみて その1
水田(吉田) 和生
資料紹介
大正・昭和の「大礼の要旨」 所 功 (122)
PAGE TOP