むすびわざ館

むしびわざ館

 京都産業大学は、1965(昭和40)年、宇宙物理学者・荒木俊馬によって京都・神山の地に創設され、2015(平成27)年に50周年を迎えます。この50周年記念事業の一環として、京都・壬生に本学と社会を結ぶ「知」の発信拠点となる「むすびわざ館」を開館いたしました。

 荒木俊馬は「産業」を「むすびわざ」と表し、「新しい業(わざ)をむすぶ」という意味を込めました。 また「むすぶ」は「産(む)す」という語源を持つことから、「産み出す」と解しています。

 「新しい業(わざ)をむすび、そして新しいものを産み出す」これは、京都産業大学が創立時から大切にしてきた精神であります。創立50周年を機に、さらに社会との連携を推進することを目指して、学内外の様々な知恵が集う場、社会と共創し合う場を形作ります。 これからの世界に希望の光を照らすような、新しい業(わざ)を、価値を、そして人材を産み出す、その先駆けを担うのが「むすびわざ館」の使命です。

お問合せ

京都産業大学 むすびわざ館
〒600-8533 京都市下京区中堂寺命婦町1-10
Tel.075-277-1600 Fax.075-277-1699
受付時間:9:00〜16:00(月〜金曜日)
E-mail:mibu-office@star.kyoto-su.ac.jp