東アジアシニア空手道選手権大会で荒賀慎太郎さんが個人組手準優勝

2014.05.01

TAG:

ニュース
4月26~27日、韓国・仁川で開催された「第4回東アジアシニア空手道選手権大会」に、荒賀慎太郎さん(経営・3年次)が出場し、男子個人組手-60kg級で準優勝しました。

また、卒業生の谷 竜一さん(2012年法卒)が男子個人組手-75kg、新馬場 一世さん(2012年経営卒)が男子個人形で共に優勝、荒賀 龍太郎さん(2013年経営卒)はシニア男子組手-84kg級で準優勝しました。

男子団体組手の日本代表として、谷 竜一さんと荒賀 龍太郎さんが出場し、優勝しました。
PAGE TOP