4月2日~8日は「世界自閉症啓発デー」および「発達障害啓発週間」です

2022.03.29

国連総会(2007(平成19)年12月)において、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」(World Autism Awareness Day)とすることが決議され、全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組みが行われています。

わが国でも、世界自閉症啓発デー・日本実行委員会(公式サイト)が組織されており、毎年、世界自閉症啓発デーの4月2日から8日を「発達障害啓発週間」として、シンポジウムの開催やランドマークのブルーライトアップ等の活動を行っています。

また、国立特別支援教育総合研究所の「発達障害教育推進センター」(公式サイト)において、発達障害に関する各種教育情報を配信しています。

この機会に、発達障害等について理解を深め、障害のある方も障害のない方と同じように学べる環境が保障されることが望まれます。

なお、本学では、教職員が障害学生を含む障害者に対し、どのように対応すべきかを示す指針として、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する京都産業大学の教職員対応ガイドライン」を制定しています。この「対応ガイドライン」を本学における具体的指針として、また、障害のある学生が学ぶことのできる環境を整える礎として、障害者差別解消に着実に取り組んでいきます。

PAGE TOP