「町家オープンカレッジvol.1」開催しました!

2020.10.26

9月10日に開所式を終え、動き出した「町家 学びテラス・西陣」。
「町家 学びテラス・西陣」では、大学生から社会人まで幅広い世代がともに学び、地域とつながり、地域との関わりを通して多様な生き方や暮らし方、働き方の選択肢を増やすことを目的とする学びの場として、「町家オープンカレッジ(略:MOC)」を定期的に開催します。

第1回目となる今回は、本学現代社会学部 滋野 浩毅 教授と木原 麻子 准教授が、本学学生や地域の方々約20名とオンラインで語り合いました。

まず両教授からは、町家や西陣とのかかわり、ゼミでの地域活動や交流の様子についてお話があり、学生と地域との関係性を深めながらの様々な動きは「町家 学びテラス」からの広がりを考える上でも大変参考になる内容となりました。

その後のトークセッションでは、「町家を通してつくりたい未来と可能性」をテーマに、この町家や地域でできることを語り合いました。周囲にいる人の存在が起業への道につながったり、生き方の参考になったり、大学とは違った場所があるからこその価値を形にしていきたいと思う時間となりました。

さらに、「京町家×メディア」をテーマに活動をしている本学学生が作成した「京町家ボードゲーム」についてのプレゼンテーションでは、参加した方々から「クラウドファンディングへの挑戦」や「ゲームの販売」「ボードを各地区用にカスタマイズすれば?」といったアイディアが次々と飛び出し、オンラインでのコメントも盛り上がりました。

参加者からは「町家が出会いや発信の拠点になることを期待しています」「西陣などの芸術文化の継承についてもっと知りたい」「町家について知らなかったので行きたくなった」「ボードゲームのこれからが楽しみだ」などの声が聞かれ、今回はコロナ禍によりオンラインでの開催となったものの、いずれ町家に人が集い、これからの活動や学びの展開が大いに期待される中で第1回目は終了しました。

次回の「町家オープンカレッジvol.2」は、11月11日(水)19時からオンラインにて開催します。
入退室自由、ちょっと聞いてみるだけでもOK!興味がある方はぜひこの機会にのぞいてみてください。

町家での配信の様子
ゲストと参加者の集合写真
参加者集合写真
PAGE TOP