理学部の二間瀬教授が執筆した相対性理論の教科書が出版されました

2020.10.02

「相対性理論 —基礎と応用—」
二間瀬 敏史 教授 著

理学部の二間瀬敏史教授が執筆された教科書「相対性理論 —基礎と応用—」が朝倉書店から2020年10月に出版されました。この本は京都産業大学で行われている講義をもとに編集されたものです。
内容は「特殊および一般相対性理論を解説した現代的な入門書。」(出版社ホームページより)というものです。わずか5年前に初観測が実現されたブラックホール合体による重力波イベント「GW150914」についても触れられており、相対性理論について初歩から学びはじめ、最新の観測結果までをつなぐ一冊となっています。

参考

PAGE TOP